スマホを利用したサービスで・・・

スポンサーリンク

 

 昨今。
ラーメン屋さんとかカフェで、「SNSを使ったサービス」をよく見かけます。
「この画面を見せると○○をサービス」や「リツイートしてくれたら50円引き」とか。

 

 

 

 んで、まぁ安くなったり1品なにかもらえるならありがたいことで、俺も使えそうなときは使ってみようかなと思っているのですが・・・。
たまにこの手のSNSを使ったサービスで目にして悲しい瞬間が。
それは、
「店員さんがそのサービス内容を把握していない」
ということ。

 例えば初めての店なんかに行く時に、事前にその店のサイトを確認。
そこで、「スマホでこの画面を見せてくれれば、デザートを1品サービス」なんて書かれていたので、店に行って実際にやってみると・・・店員さんが首を捻り話が通じないという。
で、こういう時って、客側がそのサービスについて力説するのもキツいものがあると思うのです。
必死になるのも「どんだけサービスを受けたいんだよw」感が出て恥ずかしいものがありますし。
また、まったく話が通じないと、「あれ?こっちの勘違いだったか」なんて思いますよね。
そして家に帰って再び店のサイトを確認してみると、実は勘違いではなく、店員さんがそのサービスを把握していなかったという・・・。
もの凄く損をしたわけでもないですが、心にやるせないものが残るといいますか。

 だからいま流行のこういうサービスをやるときは、そこで働くスタッフには徹底して伝達しておいてほしいなと思うのです。
せっかくこちらが勇気を出して聞いてみたのに、店員さんが「え?なにそのサービス?」的な顔をされたときの場を包む空気といったら・・・。
まぁこういうケースは、上の人間がパッと思いつきでサービスを決める→それを部下たちにしっかり伝えていないということで起こるものだと思います。
正社員として働いていたとき、思いつきの上に穴だらけのサービスをある日いきなり始めるクソ社長の下で働いたことのある俺はそれがよく分かります(笑。
当人の中では伝えたつもりというか、超絶見切り発車をして満足しているのが、これまた質が悪かったですね。

 せっかくお客さんのためにやるサービスで、逆に不満を買うことをほど馬鹿らしいことはありません。
SNSサービスをやるなら、それを徹底してくれる店が増えてくれることを願います。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました