家で出来たての揚げ物を食べて感動する

スポンサーリンク

きのう、かなり久々に家族の夕食に揚げ物を作ってみました。

自分の酒のつまみ以外での揚げ物なんて、これまでとんかつ1回ぐらいしか作った記憶がありません。
その理由としては、作るのが面倒+後片付けも面倒というのがあります。
また昨今は、どのスーパーでもコロッケやとんかつなどは「必ず」と言っていいほど売っているため、わざわざ自分で揚げるよりも、そっちの方が楽で早いということがあり・・・。
今までめったに作らなかったというわけです。

が、今回。
母が少しずつやっている家の片付けにより、揚げ物をするのに便利そうな天ぷら鍋を発見。

これが南部鉄器のたいそう立派なもの。
現在の金額を調べると7,000円相当する代物でした
これだけのものをウン十年もしまっていたとは・・・。
何とももったいないことをしていたものです。

と、そんなわけで、せっかくなのでこの天ぷら鍋を使って揚げ物をしようと思っていたわけです。
んで、母に「3日後の夕食にとんかつでも上げようか」と聞いたら、「これを揚げてほしい」と頼まれました。

生協の宅配で買った冷凍のえびかつ。
なんでも
「電子レンジでチンして食べられるものと思って買ったら、油で揚げなければいけないものだった」
んだそうで・・・。
まぁ俺としてはとんかつを作るよりもだいぶ楽な上、賞味期限のこともあるから必ず作らなければいけないものです。
だから天ぷら鍋のデビュー戦として、これを揚げるものにしました。

作り方は至って簡単。
170度~180度で3分~3分30秒揚げるだけ。

俺の性格上、普通だったら天ぷらの温度の管理が適当になりそうですが、実は8年ほど前に買った「温度計付き天ぷら用揚げばし」があるため問題はありません。

これを言うと、「そんなモン買ってんだったら、もっと揚げ物作れよw」とかツッコミを受けそうですがが・・・。
冷食のフライドポテトを1~2回作って、面倒くさくなりました(笑。
買ったものを上手に使うことが出来ないブタ野郎ですいません。

と、そんな揚げばしを使い油の温度調整を万全にしながら、えびカツを揚げました。
やってみると、この揚げばしがあって本当に便利でした。
というのも、油の温度ってけっこう上がり下がりが激しいのです。
一度にたくさん揚げようと大量に入れると油の温度が下がるので、少ない個数を入れるのは揚げ物の鉄則ですが、それを守ってもけっこう油の温度が上下します。
入れた後に温度が下がるからといって強めにしていると、今度は180度をあっという間に超えたりすることを温度計を見ていて知りました。
だからこの温度計付き箸は、しっかり揚げ物を作りたいときには便利でした。
今は100均でもこんな感じの商品をみたことがあるので、欲しい方は100均で買うといいと思います。
俺はホームセンターで1,800円ぐらいで買ってしまいましたが(笑。

 

と、そんなこんなで揚げてみたえびカツ。

俺はえびカツは元々そんなに好きじゃないため、食べる前は期待していなかったのですが・・・。

食べて一口噛んだ瞬間、外がカリッとしていて中身がホワッと温かくてとっても美味。
スーパーの揚げ物をレンチンしたときに味わえない、揚げたてのうまさがあり感動しました。
これを食べたとき
「あ、揚げ物はやっぱり揚げたてが一番なんだなぁ」
と心底思いました。

というわけで、手間なのは間違いないですが、冷食の揚げ物でもこれだけ美味しいので、「揚げ物を食べたい!」と強い決意があるときは、家で揚げ物を作ってもいいかもしれません。
特に長らく俺と同じようにスーパーの揚げ物で済ませている人は、一度は自分で揚げて食べてみるべきだと思いました。
手間はかかりますが、そのかかった分だけ本当に心が癒やされます。
俺も今後時間があり、胃の調子がよさそうなときには作ってみるつもりです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました