家中の至るところにフィルターがあることに気付く

スポンサーリンク

最近、時間に余裕があるせいか、家のあちこちに目が行くようになりました。
んで、時間があるときはその気になる部分を掃除していたのですが・・・。
この前、ふと除湿機の裏側に目がいきました。

除湿機の裏側ですが、何があるのかと言えばフィルター。
我が家で使い続けてから相当な年数になりますが、これまで一切掃除をしたことはありません。
そもそも除湿機を主に使っているのは母。
だからこれまでまったく気にしてなかったのですが・・・。
気が付くと除湿機の裏にはフィルターがセットされています。
とりあえずどんなものなのか、本体に貼られていたシールの注意書きを読んでみました。

すると・・・。
どうやら基本的には2週間に1回は掃除推奨とのこと。
これを知ったときは絶望的な気分になりました。
なぜなら、この時点で母がフィルター掃除をしたことなんてないのが確信できたから(笑。
以前、母は茶の間のエアコンのフィルターにも無頓着で、ビッシリとホコリを詰まらせて温風が出なくなったことがあります。
それぐらい電化製品には無頓着。
まぁここ2~3年は家族が病気したり父や親戚が亡くなったこともあり、それどころではなかったというのもあります。
そのため、間違いなく除湿機のフィルター掃除に関してもノータッチだと思いました。
だから掃除をすることに。

で、やってみましたが・・・。
フィルターはさほど汚れていませんでした。
まぁホコリは目立つものの、致命的といえるほどではありません。
後で母に聞いたら予想していた通り「掃除をしたことはない」ということでした。
10年ぐらい掃除しなくてもまったく壊れずに動いていた除湿機。
2週間毎の掃除が基本であることを考えると、立派な耐久性能だと思いました(笑。
いやはや、本当にありがたいことです。

と、そんな除湿機の掃除をした後。
ふと思いました。
家中のフィルター関連の掃除は、俺以外ではやっている人間はいないのではないかと。
つまり、父と母の部屋にあるエアコンなども、完全な放置状態ということになります。
だから掃除することにしたのですが、案の定こんな感じでした。

まぁこんもりと溜まっていましたわ・・・。
ただ、母はあまりエアコンを使わないんだそうで、フィルターはさほど汚れていませんでした。
とはいえ、パネルを開けたら綿埃が舞う状態だったので、決して正常とは言えませんが。

ということで、遅まきながら今後は家の中のフィルター掃除は、俺が全て行わなければいけないと言うことに気付きました。
実家に帰ってきてから来年で10年。
今になって気付くのは遅すぎると思います。
が、こういうのって母のように「機械に無頓着」+「機械にフィルター交換(掃除)のサインがない」とかだと、意識することすら忘れてしまうというか。
以前、風呂場のフィルターを8年ほど放置していたことも書きましたが、あれも原因の1つは掃除のサインがないことで・・・。
まぁそれでも壊れていないからラッキーなのですが、こういうのも意外に気付かない物だと思うので、皆さまも時間のあるときに気付いたら掃除をしておくといいかと思います。
フィルター掃除自体はそんなに面倒なものじゃないので。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました