お盆じゃなくても夢の中で会っていますが・・・

スポンサーリンク

父が亡くなって2年。
ここ最近は、子どものころからの父とのエピソードを思い出す事がかなり増えました。
お盆が近かったということもあるのかもしれません。

思い出すのは、子どものころに外食したレストランなどを見かけたとき。
「あのときあんなことがあったなぁ」とか、ついつい思い出します。
生きているときにも思い出すことはありましたが、現在の頻度と比べるとごくわずか。
ここ最近は買い物に行った際、そういう記憶のある建物を見るとその度に思い出します。

また亡くなってから、父が出てくる夢を見ることが増えました。
これも亡くなってから頻度が圧倒的に増えました。
身内や家族に対しては短気な父が、俺にキレ気味に注意してくる夢が多いです(笑。
そんな夢を見た後に起きた後はけっこう憂鬱なのですが、起きて「ああ、もういないんだ・・・」と気付いて寂しくなったりします。

とまぁ、これらのことを考えると、やはり「死ぬというのは人の中で生きる」ことなのでしょうね。
きょうからお盆。
祖父や祖母、父の霊がやってくるでしょうから、しっかり供養しようと思います。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました