夏の終わりに冷やし中華を買い込む

スポンサーリンク

 毎年の夏の終わりには、引き続き冷やし中華を食べ続けるために乾麺タイプの物を買うようにしています。
そうすれば来年の春までは、ほどよいペースで冷やし中華を味わえるのです。
「これから寒くなるのにバカじゃねーかw」と思う方もいるでしょうが、それぐらい冷やし中華が好きなのでお許しください(笑。

 そんなわけで今年も買うタイミングを計っていたのですが・・・。
10日ほど前、比較的安く冷やし中華乾麺タイプが売られていたスーパーの棚から、いつも買っていた冷やし中華の5個パックが消えました。
これを見た瞬間、「あ、またタイミングを見誤った」と気付きましたが、時すでに遅し。
仕方なく、若干安売りされていた普段は食べない冷やし中華の2つの商品を買いました。
もう冷やし中華がどんどん消えていくとなると、そういうのでも欲しくなるのです。

 

 

 

 と、その2つを買い、「まぁ不本意だけど、これで来年までは持ちこたえられるだろう」と思っていたら・・・。
ここで気付きました。
「あ、若干値段が高めに設定されている店なら、まだ冷やし中華の5Pは残っているんじゃないか」
と。
なので翌日、そのスーパーに行ってみました。
すると予想通り、いつも買っている冷やし中華5Pが残っていました。

 

 

 値段で言うと30円ほど高くはなるのですが、これぐらいの値段差でも人は敬遠するようで。
まぁ、もう少し待てばシーズンオフということで見切り品扱いになり安くなる可能性もあるので、本来ならそれを待つのがベストでしょう。
ただ、そうなるとこれまで見向きもしなかったお客さんも買ったりするから、一瞬で商品が消えたりするのですよね。
そのリスクを考えて、いまのうちにゲットしました。
こういうことだけを考える男ですいません。

 と、そんなわけで、今年は無事に確保した冷やし中華。
最後に買った冷やし中華5Pの賞味期限を確認してみると、来年の3月29日まで。
このころには確実に冷やし中華生麺タイプの販売が始まっているでしょうから、今年から来年にかけては冷やし中華不足で苦しむことはなさそうです(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました