一緒に行動する人間は選ぼう

スポンサーリンク

きょうはこちらのニュースを。

無免許運転で事故、同乗者を救護せず逃走した19歳少年を逮捕 残された2人は死亡

残された2人は18歳と19歳。
3人の関係性が「友達」だったのか「顔見知り」のようなものなのかは分かりませんが、見捨てて逃げるって相当なもんですよね・・・。
無免許の上とんでもない事故を起こして、これまでに経験したことのないぐらいのショックを受けているというのは分かります。
激しく動揺して、冷静な判断なんてとても出来ないでしょう。
しかしそれでも、動かない同乗者を見たらとにかく「救急車を呼ぶしかない」となるのが、人として持っていてほしい気持ちというもので。
彼はそれをやらずに逃走。
見捨てられて亡くなった子の親としては一生許せないでしょうし、彼はこの後ずっと「仲間を見捨てた人間」という罪を背負いながらいきていくことになるのでしょうね。
これもまた生き地獄です。

何年か前、これと似たようなニュースを見たことがあります。
それは10代の若者3人が乗っていた原付バイクでのこと。
途中で事故って仲間の1人が意識不明になるほどの大怪我を負ったそうです。
となれば、捕まる可能性が高いとはいえ、病院に運ぶしかないと思うのですが・・・。
この後に仲間2人が取った行動は恐ろしいものでした。
なんと、その怪我している人間を真ん中に挟んだ状態で運転し、学校のプールのそばに置き去りにしたのです。
このニュースを知ったときは、あまりにも薄情すぎて言葉を失いました。
自分たちが捕まりたくないから、瀕死の仲間を放置。
彼らにとっては人の命よりも、自分たちの保身が大事だったわけです。
恐ろしいことですわ・・・。

というわけで、誰かの車に同乗するにしても、その場合は「命を預けるに足る人間か」ということを、若い人には考えてほしいなと思います。
悲しいことですが、世の中にはこんな感じで死にそうになっても見捨てる人間というのが存在するので。
特に無免許の奴が運転する車に乗ったりするのは絶対にやめましょう。
何かあった時、警察とかを呼べる状態ではないので、そのまま見捨てられる確率が相当高くなりますから。

自分の命は自分で守るもの。
その場のノリというか勢いでこういう輩の車に乗って、命を落とすことがないように若い人たちはお気を付け下さい。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました