紛失した免許証が見つかったため、警察へ

スポンサーリンク

免許証を再発行した前回のつづきです。

無事に免許証を再発行してから数日後。
なんと免許証が見つかりました。

 

 

見つかったのは家の玄関の隅っこ。
母が父の葬儀などが落ち着き、掃除をしていたら見つけたとのこと。
落ちていた場所から推測するに、どうやら無意識の上に玄関の棚の上に載せて、それがそのまま下に落ちて見えなくなったようなのですが・・・。
その場所に置いた記憶がまったくないのですよね。
また普段からそんな場所に置く習慣もないのです。
だからとんでもなく驚きました。
「ええ?なんであんな場所に?」と。

まぁおそらく、父のことでいつも以上にテンパっていたのだと思います。
とにかく何も考えずにポンと置いてしまったのでしょうね。
で、この紛失の一件があった後。
ペラペラのパスケースに免許証だけを入れて持ち歩くのは、こういうときに無くす確率が高いということに気づき、これ以降はサイフに免許証も忍ばせることにしました。
今になってみれば、なんでパスケースに免許を入れていたんだと疑問に思うぐらい。
バカですいません(笑。

んで、ですよ。
家で見つかったため悪用された可能性もゼロ。
なのでホッとはしたのですが・・・。
次に考えたのは「あ、これ返納しなきゃ」でした。
免許センターでの再発行の際、この点についても注意があったのです。
「無くした免許証が見つかった場合は、必ず返納してください」
と。
2枚持つのはダメなんだそうです。
そのため後日、面倒でしたが紛失届を出した警察署へ再度行くことにしました。
最初は近くの交番で手続きをしようかな思いましたが、警官不在のときとかもけっこうあるため、それよりは人が多そうな警察署に行くことにしたのです。

返納する当日。
警察署の入口から入ると、早朝に来た時とはうってかわって大勢の人がおり、非常に忙しそうでした。
中の人にも話し掛けづらい感じ。
しかし、向こうから気付いてくれて男性警察官の方が話し掛けてきてくれました。
で、俺は紛失届を出したことや、その後見つかったことなどを説明。
すると、まずはその紛失届を取り消す必要があるとのこと。
なので落とし物を扱う課に行き、紛失届を取り消し。
次は見つかった元の免許証を警察に返納する手続きを取りました。
この手続き自体は所定の用紙に記入するだけ。
見本もあるので、さほど困ることもないと思います。

と、そんな感じでワリとパッパッと返納の手続きは終わったのですが・・・。
このとき、正直に感じたことが1つ。
それは
「わざわざ返納に来なくてもよかったかな」
ということ。

あ、本来ならこういう風に返納するのが正しいことなんです。
だから、これはこれでいいことなんですが・・・。
先に述べたようにこのときの警察署の中は、一目みて凄い忙しいのが分かるような状況。
決して雑な対応をされたわけではありませんが、その紛失届の取り消しやら返納の手続きを取った際の警察官の方の反応をみると、正直「どうでもいい」感を受けたのです。
俺が見つかった免許証を返すことに時間を費やすよりも、他の事について時間を使いたいという感じ。
繰り返しますが、雑な対応をされたわけじゃないですよ(笑。

なので俺はこの後、こう考えました。
「自分が分かっているなら、見つかった免許証はハサミでザクザク細かく切って捨てちゃえばよかったかな」
と。

 

 

これは法律的にはアウトだと思います。
しかし・・・返納しに行った身としては、それで充分なんじゃないかと感じました。
ザクザクに切って袋を重ねて家庭ゴミと一緒に捨てれば、それで全ては終わるのではないかと。
そのゴミを拾って免許証を修復しようなんて輩でもいない限り。
自分で「元の免許証はきっちり処分した」と分かってさえいれば、万事OKなような気がするのです。

だからまぁ、俺と同じようなケースで見つかった人で仕事をしている人なんかは、わざわざ刑務所まで出向かなくてもいいような気もします。
自分で処理すればそれで問題ないといいますか。
ただ、あくまでもこれは俺が感じたことなだけなので、「そうしろ」とは言いませんし、言えません。
だからやるなら自己責任で。

と、そんな感じで、父が亡くなった直後に自分のミスでやらかして、バタバタと免許再発行の手続きを取った俺。
まぁ、免許証を無くした後は焦ったり落ち込んだりするものですが、落ち着いて手続きを取っていけばすぐに再発行してもらえる(免許センターの場合)ものなので、そんなに心配しなくていいと思います。
とりあえず無くしたことが分かったら最寄りの警察署で紛失届の手続きをして、その後に再発行の手続きを。
その際は、お金や身分を確認するものなどを忘れないようにお気を付け下さい。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました