2社目と3社目から連絡が

スポンサーリンク

前回のつづきです。

自信満々で「あちこちから欲しがられるぞ」と簡単に車が売れる思っていたのに、「値段がつかない」と一蹴された俺(笑。
本当にこのときは唖然としましたね。
そこまで価値がないのかと。

と、そんな軽くあしらわれたため何だか車を売るのが怖くなってきたのですが、一社目の電話があってから45分後。
2社目の横○○ーポスというところから電話がかかってきました。

 

 

ここも車の詳細な情報を伝えたら「そんな車はいらない」とか言われると思いましたが、向こうは「車を見せてもらいたい」とのこと。
このときはホッとしました。
で、「明日の朝9時に」ということで約束を取り付けました。

3社目に連絡が来たのはケー○ー。
でもここは電話ではなくて、最初から最後までメールでのやりとりのみでした。
これはちょっと以外でしたが、まぁ直接やりとりするのが苦手な俺としては楽な面もありました。
んで、向こうからは「外装、車検証、車の走行距離の写真を送って欲しい」というので、メールに添付して送りました。
その後、「概算して査定金額をお知らせします」とのメールが来て、この日のやりとりは終了。

そして残っている最後の1社はラ○ットという会社。
ここからはこの日、電話もメールもありませんでした。
そのため「やる気ないのかなw」とも思いましたが、今回の場合、俺の車に「連絡する価値もない」もありえます(笑。
なんたって1社目に「値段が付かない」とバッサリ斬り捨てられたのですから。
なので、こちらからは連絡せずに放置。

で、この後。
母とこのことについてやりとりをしたのですが、「まぁそんなもんなんじゃない」との返事。
昔、母や父たちも車の売却をしようとディーラー以外に持っていったことがあるそうなのですが、値段はまったく付かなかったとのこと
これを聞いて、ようやく俺の予想が大甘過ぎたことに気付きました。
製造から12年経過している軽自動車で10万円は夢を見すぎましたね(笑。

なので、ある程度は気持ちを切り替え、「値段が付かなくてもしょうがない」とこの時点で割り切りました。
そしてとりあえず翌日に約束を取り付けた横○○ーボスと、メールでのやりとりをしたケー○ーが少しでも値段をつけてくれることを期待して、この日は床に就きました。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました