車を売った後に起こったことは・・・

スポンサーリンク

車を売る話の初回はこちら。
前回のつづきで、今回で最後になります。

2時間の話合いの末、1万円から4万円で売れることになった俺の車。
無能の俺にしては良い結果を出せたと思います。
野球で例えるならタイムリーツーベースですね。
いや、ほんとうによくやったなと。

この後はパパッと契約書にサイン。
担当者から念のため「この後でやっぱり親戚に売るとかはナシでお願いします」等の注意事項の説明。
んで、この後は印鑑証明なども取ってこないといけないと思っていたら、軽自動車を売る場合は印鑑証明が不要で認め印でいいとのこと。
だから当初は「売るまでに色々と手続きが面倒で日数がかかりそう」と思っていた車の売却ですが、実際は見積もりを出してから2日で、あっという間に完了しました。

ちなみに売るにあたり、
「カーナビや純正カーオーディオ、スタッドレスタイヤとかはどうすればいいんだろう」
と気付きましたが、相談すると全て引き取ってくれるとのこと。
ここらへんも非常にありがたいですね。
自分で処理するとなれば、何かと面倒ですから。

てなわけで、車は翌日に俺が店に持ち込むことにし(帰りは担当者が自宅まで送ってくれる)、
この後はカーナビの全データ消去や、ダッシュボード内を確認。
全データ消去に関しては以前覚えたつもりのやり方をすっかり忘れていたので、ちょっと困ったのですが、今の時代はネットに説明書があったため、無事に全てのデータを消すことが出来ました。
データを残したままで売るなんてのは気持ち悪いですから、これには一安心。
あとはダッシュボードの中とか車内をしっかりチェックしました。
担当者いわく、「けっこう忘れ物があったりするので」とのことだったので、普段から注意力散漫な俺はとくに念入りに(笑。

という感じで、初めて車を売ったのですが・・・。
もし次回があるとすれば、業者は早く車を引き取りたがるので、すぐに売るつもりなら出張査定に来てもらう前にカーナビの初期化などを済ませておいてもいいのかもしれないと思いました。
それと値段がつかないような車の場合は、先に廃車買い取りの業者にいくらぐらいになるか確認しておくと、「いくらなら売るかの基準が出来る」からいいかもしれません。
ま、後で知ったのですが、俺のような製造から12年経っている車だと、本来なら値段なんて付かないような代物だそうで・・・。
無知ゆえの捨て身だったことが、今回は功を奏したようです。

それと複数の業者に見積もりをお願いするのは、やはり大事ですね。
俺の場合も1社だけだったら、「0円」も充分にありえました。
実際、最初のネ○スト○テージでは「値段がつきません」と一蹴されましたし。
それが4万円。
いや~諦めてはいけませんね(笑。

というわけで、非常にメデタシメデタシなのですが・・・。
この数日後、俺は自宅の駐車場で車をこすって8万円を払うことに。

 

 

 

 

自分にしては頑張って4万円を手に入れたことで、すっかり浮かれていたようです。
まぁバカな俺にお似合いの結末でした。
ここまで読んでくれた皆さま、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました