置かれている場所の変化で察する

スポンサーリンク

きょう。
雪がやんで晴れ間が見えて出かけられそうだったので、母から頼まれていた七十七銀行のカレンダーを先ほど取りに行ってきました。
きのう、大きい道路でも坂がキツいところでは上れない車なども複数台いて、渋滞が発生していたというのをTwitterで見たので警戒していたのですが、きょうはほぼ道路の雪も解けていて問題ない状態。
むろん、いつも通りのスピードを出せるほどではありませんが、まぁこれなら買い物にも問題なくいけるのでありがたいです。
昼間のニュースで、明日以降また大雪になる可能性があるとのことだったので、2~3日分の食材を買い込んできました。
これで月曜日ぐらいまで家にずっと引きこもれます(笑。

 

で、一番の目的だった七十七銀行のカレンダー。
毎年12月上旬にいつも行っている店舗に取りにいくので、置いてある場所は分かるのですが、今年はいつもの場所にカレンダーが置かれていません。
入口付近の大きな箱に入れられていて、そこから「1人1本」という注意書きが書かれていて、そこから取るようになっているのに、今年は見当たりません。
すでに12月18日。
「今年の配布は終わってしまったのだろうか・・・」と後ろ髪を引かれるような思いで、念のため銀行内を見回してみると・・・。
入口から一番遠い場所にカレンダーが置かれていました。
俺のような小心者が取りにいくは、ちょっとイヤな場所(笑。
多くの行員さんやお客さんの前を歩いていかなければならないので。

 

だから一瞬やめようかなとも思ったのですが・・・。
冷静に考えれば何も悪いことをしているわけではありません。
七十七銀行を利用している俺はもらう権利があると気づき、そのままツカツカと歩いてカレンダーを頂戴しました。
箱には「一家族1本でお願いします」との注意書きが。
この注意書き+入口からもっとも遠い場所に置かれているのを見て、昨年か今年、おそらくその注意書きを無視して大量に持っていった輩がいたことを察しました(笑。
以前のように入口周辺に置かれていたら、混み合う時などは2~3本持っていかれても行員の方も気づけないでしょうしね。
でも、今年のように一番奥にすれば、多くの行員さんやお客さんの目があります。
そこでさすがに1本以上もっていくことが出来る人間というのは、ガチでおかしい奴ぐらいでしょう。
よほどの強心臓というかDQNでないと無理。

というわけで、おそらく今後は店の奥に置かれるようになるカレンダー。
来年、またもらいに行く時は入口になくても諦めず、奥の方まであるかどうかチェックしようと思います。
それにしても、なんだか悲しいですね。
そうやって管理しないといけない世の中ということに・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました