あと何年、恵方巻きを食べることが出来るのか考えてしまう

スポンサーリンク

2月2日の節分のきのうは、恵方巻きを食べました。

一時期は回転寿司屋さんなどで予約していた時期もありましたが、ここ2~3年はそこまでの熱量はなくなりました。
でも、けっきょく節分が近づくと、買わないといけない気になったりします(笑。
そういうときはスーパーへ買いに。
今年も大量の恵方巻きが売られているのを見ると、かなり買う人が多いことが分かります。

我が家では1人1本ではなく、1本を切って切り分ける形。
今年は4本を切り分けましたが、想像していたよりも大ボリュームになりました。
年寄りと中年しかいない家庭なら3本程度でちょうどよかったようです。
いつになってもこういう時に欲張ってで失敗する男ですいません(笑。

というわけで、今年も食べた恵方巻き。
5年ぐらい前までは単なるイベントで純粋に楽しんでいました。
が、父が亡くなり母も高齢になり、俺や弟も40歳を超えた今となっては、「もういつまで出来るか」的なことが迫っていることもあり、1回1回の重みが違います。
「8050問題」に片足を突っ込んでいる我が家としては、冗談抜きでそういう雰囲気なのですよね。
だから来年も出来るなら、食べておこうと思います。
3人でいつまで食べられるか分かりませんから・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました