次の道へ進む決断をした気持ちが分かる

スポンサーリンク

きょうはこちらのニュースを。

ザブングルが3月末に「コンビ解散」松尾は芸能界引退、加藤はピン芸人へ

俺の中で松尾さんは「世間に知られている」と思っていた芸人さんなので、きょうこの芸能界引退というニュースを見てかなり驚きました。
まったく無名の芸人さんなら40半ばで引退するのにも納得出来る部分がありますし、実際にコロナの影響で引退を選ぶ芸人さんたちも見てきました。
でも松尾さんはまだそれなりの需要はある人だと思っていましたから・・・。
芸能界引退と断言することに、松尾さん置かれている現在の厳しい状況を感じました。

というか、ここ最近。
相方の加藤さんをさんまさんの「お笑い向上委員会」で何度か見かけていたことも、今回の驚きに拍車をかけたように思います
加藤さんが必死に笑いを取っているのを見て、「あの闇営業の一件があった後でも頑張っているんだな」と思いながら見ていたこともあり、ザブングルというコンビが解散するイメージがまったくなかったというか。

今回のニュースで、ザブングルが23年間活動してきたというのを知りました。
松尾さんは「今まで1度も街中で顔をさされたことがない」と自虐気味に語っていますが、俺のような何も成し遂げていない人間からすると、23年間これでメシを食い、それなりに世間に知られるようになったのは、かなり凄いことだと思います。
ほとんどの人がそれを臨んでも叶えられずに消えていくわけですから・・・。

あと、松尾さんの「10年前なら引退は早すぎるけど、10年後なら遅い」という言葉にも、非常に納得させられました。
確かに54歳から何かを始めるのでは、精神的にも体力的にも厳しいのですよね。
松尾さん自身、体力や気力の衰えを感じる日々なのでしょう。
俺も若い頃に比べて明らかに気力を失っているのを感じるので、この決断もよく分かります。
おそらく本人の中で悔いのない状態で、芸能界引退という決断が出来たのだと思います。

というわけで、あと1月ちょっとで消えてしまうザブングル。
まぁ第7世代とかがテレビを席巻している現状なども考えると、良い判断だと思います。
松尾さんの今後の人生に幸多きことを願います。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました