お会計セルフレジの導入は働いている人たちにとって大きなメリットだと感じた

スポンサーリンク

前々から書こう書こうと思っていたことがあります。
それはコンビニのレジのこと。
去年のこのぐらいの時期から、セブンイレブンでは客がタッチパネルで支払い方法を選んで電子マネーや現金で支払いをする「お会計セルフレジ」が使われ始めました。

んでですね、初めてこのレジで支払いをしたときに
「あっ、これはいいな」
と思ったことがあったのですね。
それはレシートが客側の方に出てくること。
スーッと出てきて受け取るかその場で捨てるかを客が判断出来るのが良いと思ったのです。

人によっては「それの何がいいの?」と思うかもしれません。
しかし若い頃、複数の店でコンビニバイトを10年ほどやってきた俺としては、レシートを渡すのをウザがられる経験を数多くしているだけに、この客側で自動で受け取るシステムというのは本当にいいなと感じます。
今はどうか分かりませんが、俺がバイトしていたころはレシートを受け取るお客さんがほとんどいなくて、渡さなくても問題がないことがほとんど。
でもそれに慣れて渡さないと、必要なお客さんには「おい!レシート寄こせよ!」とかキレられたりして・・・。
んでそういうことがあると必ず渡すようにするのですが、そうすると今度は多くのお客さんからウザがられるというループ。
もの凄くイヤな思い出というほどでもないですが、そこそこ苦い経験として残っています。

なので俺はコンビニバイトを辞めた後も、レシートは受け取るようにしています。
受け取っていらないなら捨てるって大した労力でもないじゃないですか。
家に持ち帰っても処理に困るようなものでもないですし。
だから前にも書きましたが、レジで何も言わず手をクネクネして受け取りを拒否しているじいさんや、その場で捨て去るおっさんとかを見ると、本当に腹が立ちます。
店側としては渡すのが基本だから、そこは受け取って捨てるぐらいは協力してあげてよと。

ということで、店員さんたちからすれば、レジ打ちの際の心の負担が減ったように思います。
いや、本当に何十~何百というお客さんの相手をしていると、レシートを渡す渡さないのもけっこうな負担なのです。
現在のコンビニは傍から見ていてもやることが多くて大変な中。
こういう風に技術の進歩により改善されるのは素晴らしいことだと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました