草取りで身体がバキバキ

スポンサーリンク

10月上旬に数日間蔵王に泊まったのですが、その主な理由は草取り。
以前は祖母や叔母が管理してくれていましたが、その叔母たちが引っ越した後は母が暇をみてはやっていたものの、もうそれでは取り切れないほどの状態に。
特に問題なのは道路に面した部分の雑草。
「冬になる前にちょっとやってほしい」と母から頼まれやってきました。

幸いにも実家でも草取りをやっていたこともあり、必要な装備は分かっています。
持ち歩くのは面倒なので、手袋と園芸ひざあては100均で再購入。
ステンレス草抜き鎌は売ってなかったので家から持参しました。

作業当日。
あまり根を詰めすぎないようにやるつもりだったのですが、目に見えてキレイになっていくこともあり、どんどん作業を続けました。
道路の際の草取りには100均のステンレス草抜き鎌が大活躍。
実家で使った時にも便利でしたが、しばらくするとこう先が三つ叉のものの方がいいような気もしてきていたので、そんなに期待していなかったのですが・・・。
このように道路のきわの雑草取りにはピッタリサイズ。

いや~100均の草抜き鎌がこれほど重宝するとは思いませんでした。

と、そんなこともあり、考えていたよりも大幅な時間作業して、目処がついたところで作業をストップ。
気が付けば3時間30分も作業をしていたのですが・・・。
作業後半になって気づいたのは腰の痛み。
指先の筋肉痛も凄かったのですが、とにかく腰が痛くて痛くて・・・。
草取りは長時間やると、完全に腰をおかしくすることを理解しました。
実家での作業は毎回1時間前後だったので大丈夫だったのでしょう。
改めて草取りは一気にやるもんじゃないと気づきました。
この日の夜は筋肉痛で身体中痛くて「いてえよぉ、いてえよぉ」とヒーヒー言うぐらい辛かったのですが、作業後に食べにいった中華亭分店のラーメンは死ぬほどおいしかったです(笑。
身体をガッツリ動かした後はメシがうまくなることを久々に思い出しました。

翌日。
筋肉痛で身体はしんどいものの、終わらないことには気分もスッキリしないので作業をスタート。
2時間30分かけて一気に終わらせました。
これにて母から頼まれた部分の草取りは完了。
見た目にも非常にキレイになり、終わった後は爽快感に包まれました。
というわけで、とりあえず当初の目的は達成したので良かったのですが・・・。
この草取りで学んだのは、本気で草取りをやるなら、腰のサポートベルトは必須ということ。
値段を調べたら4~5,000円するので最初はためらいましたが、今後もやるなら間違いなく必要だと思いました。
腰を守れるなら5,000円ぐらい安いもの。
近いうちに買うつもりです。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました