労災のときに必要な「5号様式」

スポンサーリンク

前回のつづきです。

治療を終え家に帰ってきて、すぐに労災のことを検索。
すると、すぐに色々パッと出てきて、まず病院の受付女性が言っていた「ゴゴウヨウシキ」の意味が分かりました。
「5号様式」(様式第5号)だと
どんなものか見たい方は、5号様式で検索するとすぐにPDFで見られます。

んでちょろっと5号様式について調べてみましたが・・・。
受付女性があまりにも連呼というか、
「知っていて当たり前でしょ、フン」
的に言ってきたので、
「知らない俺が悪いのかな」
と思ったわけですが、やはり労災を受けたことがない人は知らなくても不思議はないと思いました。
これまで仕事中に怪我をしたことがないなら、そんなことを知りようがないというか。

そして次に、この5号様式とやらが今後どういう風に必要になるのかを確認。
その結果、どうやら病院と薬局でそれぞれ1枚ずつ必要になる模様。
そしてそのためには会社へ報告する必要があると分かり、すぐに事務を担当している奥さんにメールで連絡しました。
するとすぐに奥さんから返信が。
で、明日の朝一で5号様式を書くための書類を職場にFAXするから、それに記入しておいてくださいとのこと。
この時点でとりあえず労災として扱ってもらえると分かりホッとしましたし、迅速に動いてくれた奥さんに感謝しました。
前職のクソ社長の会社だったらどうなっていたか。
「自費で払えやボケ!!」とでも言われていたかもしれません(笑。

翌日。
送られてきたFAXを見ると、
「どういう状況で怪我をしたのか」
「その怪我を見た人は」
「どこの病院・薬局に行ったのか」
等を書く欄がありました。
俺がそれを書いて、後でそれを見た奥さんが5号様式に記入。
後はバカな俺でも分かるように記入するところに付箋をつけておくので、そこに書いてハンコを押して欲しいとのこと。

奥さんは病院・薬局にそれぞれ必要なことは分かっていたので、ここらへんもトラブルになく無事に5号様式2枚を受け取ることが出来ました。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました