不正をして楽しむ感覚が分からない

スポンサーリンク

「にゃんこ大戦争」ゲームデータ改ざん、「最強にしたかった」 容疑の5人を書類送検

俺は数十年ゲームをやり続けていますが、こういう不正をする奴らの気持ちは全く理解できません。
これ、やってて何が楽しいのでしょうかね。
不正データを手に入れた時点で、ゲームのルールから外れるということ。
それで無双したところで・・・。
これで悦に浸っているなら、「脳みそないの?」って感じです。

というか、このゲームに限らず、ネットでは対戦格闘ゲームなどでも不正をする輩がいて。
細かい仕組みは知りませんが、どんな相手の攻撃でもガードしてコンボを叩き込んでくるという・・・。
こんなので勝っても嬉しくないし、何一つ意味がないと思うのですが、こういうことをやっている輩というのはそんなことにも気づかず、BANされるまでずっと続ける。
不憫ですよねぇ・・・。

今から20年以上前。
学生時代にゲームでチートする機器を使う人に遭遇したことがあります。
そのときに驚いたのは、こういう奴はそれを正当化して思い込んでいるということ。
不正をした時点で明らかなズルなのですが、それを認めないという・・・。
そのときに“こういう人間もいるんだ・・・”とある意味勉強になりましたね。
そしてこういう人には言うだけ無駄だと。

あ、ちなみに別に1人で遊ぶゲームなら、いくらチートをしようと構いません。
俺は“なにが面白いんだ”と思いますが、個人で楽しむならそれは咎めやしません。
しかし、誰かと対戦するゲームでチートをするというのは、ルールを破った行為で相手に迷惑をかけるということ。
こういう奴らは、本当にオフラインで1人でゲームをやっていてくれと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました