チャイムを鳴らさず不在票だけ置いていった?

スポンサーリンク

(以前の記事を引っ越しました)

きのうのこと。
自分宛ての宅配便が1個届く予定だったので(日時指定や時間指定はなし)、それを気にしながら自宅で過ごしていると・・・。
14時ごろ、母から「ポストに不在票が入っていたよ」と教えられました。

この日、自分が家に居なかったのは、午前中に近所のスーパーへ買い物に出たときのみ。
が、そのときは母が家にいました。
そして自分が家に戻った後、母が所用で外出したのですが・・・自分はそれから14時までずっと家にいました。
つまりこの日は14時まで常に誰か在宅していたわけで・・・。
そんな中でポストに入れられていた不在票。
さすがに首を捻りました。

ま、過去にも似たような「え?」ことはありました。
家にいたのに不在票だけがポストに入っているなんてのは。
でも、そのときはチャイムの音が聞こえにくい部屋にいたり、ちょっと別なことに集中していて気付かなかったというそれなりの理由がありました。
しかし今回はそういうことはまったくなし。
記憶を辿ってもまずほとんどの時間、チャイムが鳴ったら子機が作動する自分の部屋にいました。
それ以外では昼間に台所でかけそばを作ったりしましたが・・・。
これもレンジでつゆを作り、そばは30秒程度茹でるという非常に簡単なもの。
いくら自分でも、これだけに気を取られてチャイムに気付かなかったということはないという自信があります(笑。
そのため、今回の不在票をみてこんなことを思ったのです。
「まさかチャイムを鳴らさず不在票だけ置いていった!?」と。

この後。
ネットで、同じように「自宅に居たのに不在票だけ届けられていた人」がいないか検索しました。
その結果、同じような経験をしている方を何人か見かけたので、「やはりそういうことをやる配達員もいるのかなぁ」と思ったのですが・・・。
逆に配達員側の意見もあり、それを見てみると、「2回ほど鳴らしても何の反応もないので持ち帰ったら、その15分後に、「在宅してたのよ!なんで渡してくれないの!!」と激怒されたこともあったとのこと。
他にも、「掃除機をかけていて気付かない」や「風呂場の掃除をしていて・・・」等。
これを知ると、まぁどっちもありえそうなことだけに、なんとも言えない気分になりました。
そもそも配達する側も不在票だけ置いていくメリットは、ほとんどないような気がしますし。
単純に考えて二度手間ですから。
ただですねぇ・・・世の中には本当に変な人もいるから、絶対にそんなことはありえないという断言も出来ない気もするのです。
まぁ、もしまた似たようなことがあったら、そのときは何らかの方法で確認してみようと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました