200円カレーは一度食べてみたかった

スポンサーリンク

格安200円カレーを提供 原価率研究所が破産手続き開始【新潟】

数年前にテレビでこの200円カレーが取り上げられているの見ました。
そのあまりの安さから、とんでもないカレーが出されているのかと思いましたが、店内で食べているお客さんたちの感想を聞くとなかなか好評でした。
「この値段なら満足」や「充分においしい」と皆さん口々に言っていたのです。

で、このときに創業者のような方もインタビューに答えていました。
気になるのは「なんでこんな値段で商売できるの?」というところですが、創業者の方は
「米やルゥなどの仕入れの部分で努力すれば不可能ではない」的なことを言っていて、すげぇなと思ったのですよ。
この業態でそれを実際に商売にしている。
200円という安さでちゃんとしたカレーを提供していて、かっこいいなと思っていました。
店が近くにあったなら、間違いなく一度は行っていたでしょうね。

それだけに・・・。
今回の破産手続きが開始したというニュースは残念です。
こういうのは、やはりもっと長いこと続けていかないと、「ああ・・・やっぱり無理があったね」とどうしても見えてしまうから。
理想はあっても、現実的には厳しすぎたのでしょうね。
200円だとさすがに。

とはいえ、このコンセプトは立派ですし、6年も店をやったのなら、世の中に爪痕は残したと言えます。
昨今の原材料の高騰を考えると、この200円カレーのようなものは無理なのかもしれませんが、こういう安く食を提供するというコンセプトは素晴らしいことだと思うので、創業者の方には再び頑張ってほしいです。


(*イメージ画像)

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました