ブラック企業はブラックという自覚がない

スポンサーリンク

先ほどのモーニングショーで知りましたが、昨日の記事で書いたハシモトホームが謝罪したようです。
きのうからワイドショーやネットで報道されて、当初考えていた以上に話がとんでもなく大きくなり、ようやく事の重大性に気づいたというパターンですね。

個人的には、遺族から会社の責任を問われた時点で非を認めるべきだったと思います。
そうすれば、あの“症状”が世間に公表されて大幅なイメージダウンになることは防げたわけで。

しかし、昨日の時点で会社側の意見は、「この手の催し物はやっていて、他の人間にもやった」
とのこと。
つまりあの症状が世の中の皆さまに見られたら、どれだけ危険な代物かまったく分かっていなかったのでしょうね。

 

だから遺族から会社に対する法的責任を問われても平然と突っぱねた。
まぁお金が惜しかったのもあるのでしょう。
認めたらけっこうな額のお金が飛んでいくことになるでしょうから。
でもその判断がかえって事態を悪化させることになったと。

で、きのうのゴゴスマで清原博弁護士がこんなことを言っていました。

清原博弁護士「当時の状況から見てもやり過ぎ」青森のパワハラ自殺めぐる会社の行為に

弁護士がこうやってハッキリ言うと、そりゃ会社の立場、世間からのイメージはどん底まで落ちますよね。
これ、あの症状がなければまったく世間の印象は変わったと思うのですよ。
悲しいですが話だけじゃ、どうしたって被害を受けた当人でない限りは共感できることに限度があります。
しかし、あの症状を見れば一発です。
人をあからさまにバカにすることを許容しているブラックな社風ということがイヤでも分かります。
あの症状は内容的に最悪ですが、パワハラの証拠としては最高でしたね。
あの文面を考えた課長は見事に天罰をくらったわけです。

というわけで、ハシモトホームが非を認めて良かったなぁと。
後は遺族が望むままに誠実に対応してくれればいいなと思います。
それと、他の会社でもこの手のパワハラがあったら、証拠は絶対に残しておいたほうがいいですね。
今回のようにブラックな社風が当たり前になっている会社の場合、簡単に証拠を渡してくれるみたいです。
個人でいくらでも情報発信できる時代。
こういう愚かすぎるパワハラをする会社が滅ぶことを願います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました