待てない男

スポンサーリンク

先日。

例の心理的負担が大きいディーラーでの点検に行ってきました。
まぁ父から車を受け継いでおよそ4年。
繰り返しディーラーに行っていることもあり、多少は耐性のようなものが出来てきましたが、皆さまご承知の通り俺は無職。
やはりこういう立場の人間は、どうしたってこういうときは肩身が狭いもので、真っ当に働いているディーラーの方々とのやりとりは、何回通ってもキョドってしまいます。

で、この日。
待ち時間の間に、ディーラーがやっているカーライフをサポートするサービスの名義変更を行うことになっていました。
これは父が加入したものを俺がそのまま引き継いだのですが、そのサービスを使うこともなかったためか、そのままにしていたのですよ。
というか、こういうサービスを引き継いで困るのが、パスワードとかがまったく分からないこと(笑。
本当にこれがどうしようもないのです。
特にこういうさほど重要でないものになると余計に。
だから俺も今まで放置していたのですが・・・。

今年に入ってディーラーから勧められたアプリを登録した結果、父の名義のままでは何とも収まりが悪い感じになったので、名義変更することにしました。
ちなみに名義変更はネットなどでは出来ず、ディーラーでの手続きが必要。
そのため、事前に営業の方に連絡して、この日にやろうということになっていました。

んで、ですね。
ディーラーに行ったら予定していたとおりに営業の方と手続きすることになりました。
そしてアレコレ手続きを進めていったのですが・・・。

営業の方いわく、このケースの場合は
「一度、お父様の方を退会して、kanimiso様が新規で入会し直して頂く必要がある」
とのこと。
これにはまったく異論はないので、「じゃあはいそれで」とお願いすると、ここでもう一つ説明が。
それは「こういうケースは私の経験では初めてなので、そのままうまく引き継げるかどうかは分からない」んだそうで。
まぁ確かに中々に珍しいケース。
どうなるかはやってみなければ分からないということで、とりあえず手続きを進めていきました。

が、ここで起きたのが・・・。
パスワードがよく分からないということ(笑。
ちなみに営業の方は事前に調べてくれていたのですよ。
父が使っていたパスワードなどを。
だからそれは分かっているのですが、その後俺がアプリを登録する際にこう色々とやってしまい、そこら辺がグチャグチャになってしまっていました。
だからすんなりログイン出来ず・・・。

と、そんな様子をみて営業の方はすぐに「ちょっとお待ちください」と言い退席してデスクで調べ始めました。
「こんなろくに金も落とさない俺のような人間にもまっとうに付き合ってもらって悪いなぁ」と思いつつ、俺はパスワードを打ち間違っていないかとかが不安になり、待っている間に数回パスワードを打ち込んでみました。
が、やはり曖昧な記憶ではうまくいかず、その後は担当の方が戻ってくるのを待っていました。

10分後。
営業の方がプリントアウトした紙を持ってきて、「これで登録できるかと思うのですか」とパスワードが書かれている用紙を俺に渡してきました。
となれば、「じゃあそれを試してみようか」となるじゃないですか。
だから俺も再びログインをしてみようとすると・・・。
なんと複数回パスワードを間違ったことにより、ロックがかかってしまうという爆死。
待っている間、不安により何回もログインを試みてしまった俺。
営業の方は「待って下さい」と言っていたのに・・・。
我ながら本当にアホだなと。

と、ロックがかかっていることを知り、どうしようもないためそれを営業の方に伝えました。
「あの・・・何回か間違ったためにロックがかかってしまいました」と。
それを聞いた営業の方は「あ~・・・」と漏らしたのですが・・・。
その一言の中に「なんでおとなしく待っていないんだよ」というほんのわずかな念のものを感じました。
あ、誤解してほしくないのですが、本当ほんわずかなんですよ。
露骨に「チッ!」とか不快な態度を示してきたわけではありません。
ただですね、これは俺が逆の立場でも「なんでおとなしく待っていないんだよ」と感じると思うのですよ(笑。
だからつくづく己のこういうやらかしっぷりに呆れるというか・・・。

この後。
両者の間に妙な空気が流れましたが、ロックがかかった以上はどうしようもないため、こちらから切り上げました
とりあえず父が退会して俺が入会したことは間違いないので、後は家に帰ってロックが解除したら試してみますと。
だからこれ以上、営業の方を拘束することもなく、その場は終わったのですが・・・。

こういうことがあって思うのは、「子どものころから本当にこういうことをやらかすな」ということ。
「待て」って言われてんだから、おとなしく待ちゃあいいのに、堪えが聞かない。
40半ばになっても抑えが効かないバカですいません。
これによりまたディーラーからの印象も悪くなったような気がするので、今後行くのが憂鬱になりましが、全ては己の身からでた錆。
これからは「待て」と言われたら不安に負けずに、おとなしく待てる人間になりたいものです。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました