高校時代に大ハマりしていたアニメの主題歌を歌っていた人が亡くなった

スポンサーリンク

『機動武闘伝Gガンダム』主題歌などの鵜島仁文さん、食道静脈瘤破裂のため死去 アニソン多数手がける

高校時代に、気の狂った同士である友人とめちゃくちゃハマった機動武闘伝Gガンダム。
これまでのガンダムシリーズとはまったく異なる世界観で、当時あった某レンタルビデオ店の感想コーナーに「あんなのガンダムじゃねぇ」と酷評されていたのを見て、その友人と爆笑したことがあります。
なんというか、ハマっていた俺らにとっては褒め言葉というか。

と、そんなアニメの主題歌を歌っていた鵜島仁文さん。
毎週聞き続けていたから記憶にしっかり刻み込まれ、30代、40代になったいまでもYouTubeなどで定期的に聞いていました。
それだけにこの若さでの訃報は驚いています。
鵜島のTwitterや共演したミュージシャンの声を聞くと、ここ最近までは元気に活動されていたようですし。
歳を重ねて分かってきたことですが、人の命は本当に儚いですね。
元気でピンピンしていても、突然亡くなることがあるという・・・。
だからやりたいことや会いたい人がいれば、思い立ったときにやるべきなのでしょうね。
まぁ実際は「そのうちでいいか」とスルーしてしまいがちなのですが。

ちなみに鵜島仁文さんの歌の中でもっとも好きなのは、アニメH2の主題歌に使われた
「Back To The Ground」という曲。

歌詞やメロディーが素晴らしくて、本当に名曲だと思います。
特に歌詞の
「誰かが何を言っても気にしない 自分を信じているから」(*上記動画の歌詞から引用)
の部分が好きです。
この部分に救われたというか。
まぁ俺の場合は「もっと気にしろよ」なのかもしれませんが(笑。

数々の歌を生み出してきた鵜島仁文さん。
ご冥福をお祈り致します。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました