危険なブツを運んだ日

スポンサーリンク

きょうは検便のお話です。
苦手な方はご注意下さい。

先週の水曜日。
毎年やっている大腸がん検診の回収日でした。

今年の1月提出したので、だいたい半年ぶり。
毎年7~8月と翌年の1月に回収日があり、本来なら1年おきぐらいがいいとは思うのですが、冬場は雪とかで会場に行くのが困難になることもあります。
そのため、今回は夏場に済ませておくことにしました。

で、前回は余裕ぶっこいていたら2回分取れそうじゃなくなり焦ったので(笑、今回はチャンスがあったら積極的に取っておくことに。
ただ、記憶が曖昧でよく手順を確認せずに検便シートだけトイレに引いてやったら、危うく水没しそうに。
以前にも1回やらかしているのに・・・。
検便シートの下にある程度のトイレットペーパーを置いて、その上に検便シートを置かないと重みで水没することを忘れていました。
アホですいません。

幸い、ギリギリで完全な水没は免れたので、そのまま回収。
日数的に余裕を持って取ることが出来たせいか、今回は2回目も翌日の同時間帯に出て、無事に終了。
その危険なブツを渡してきました(笑。

というわけで、後は検査の結果が来るのを待つばかり。
頼むから精密検査を受けることにはならないといいのですが・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました