秒で変わる社風に合わせられる人間なんていない

スポンサーリンク

10年以上前に正社員として働いていたブラック会社。
その後、数年かけて予想していた通りに社員やパートが次々と辞めていき、最終的には人手不足に。
業務が回らなくなったため、クソ社長は求人をかけたのですが…。
その頃にはすっかり悪評が広まっていて、応募する人間はほぼいなかったようです。

で、よほど苦しかったのか、クソ社長はやっているブログに求人の案内を出したのですよ。
それまでこういうことはやっていなかっただけに、「相当苦しいんだろうなw」ということは分かったのですが…。
その求人の案内の中に
「当社の社風に合う方で…」
という一文に目が止まりました。

まぁこれって別段変なことではないですよ。
社風に合う人を求めるのは当然のこと。
だから普通の会社なら当たり前のことですが…。
このクソ社長の会社はそうじゃありません。
それというのも、「秒で社風が変わる」から(笑。

朝に○○と言っていたかと思えば、昼には△△に変えるとはザラ。
長年やってきた変更したらまずいような事も、気分次第で平然と変える。
「うちの会社は○○だ!」とか言っていても、思いつきとかでそれが知らぬ間に変わっていたりします。
休日が明けた後に会社に行くと、まったく別な新ルールが発動してたりと…。

そんなブラック会社をやっているクソ社長が「当社の社風に合う方」を求めていたので、その時は思わず笑ってしまいました。
「いやいや、秒で変わる社風に合う人なんているわけないだろう」と。
実際、多くの社員も秒で変わる社風に合わせられず退職してったわけで。
なのに、こんなことを平然と書いているのだから、もうどうしようもないなと。
社風に合う人材を求めるなら、まず社風をコロコロ変えないところから始めるべき。
おそらく今も「社風に合わない奴ばっかりだ!」とかキレていると思います(笑。
自分が間違っていることに気づかずに。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました