スマホを買い換えることにした

スポンサーリンク

前回のつづきです。
正常に充電ができなくなったスマホ。
繰り返しになりますが、俺にとっては生活必需品。
そのため、もう迷うことなくオンラインショップでスマホの買い換えを検討しました。

で、一番目にそれとなくスマホを見てみると、そのお値段は5万。
いやいや、もうなんというかですねぇ・・・。
もちろん、もっと値が張るスマホがたくさんあることも承知しています。
が、今後も必ず数年おきに必要になるであろうものがこの金額かと思うと・・・。
やはり気分は滅入ります。

んで、その後もスマホを見ていたら値段が8万とか12万なんですよ。
こうなってくると、もう5万のスマホでも良しとしなければいけないか・・・なんて心境になってきた頃、2万円代のスマホを発見。
俺にとっては僥倖でした。

そしてその後も探し続けると、3万3千円や4万円のスマホを発見。
「だいたいこのぐらいが低価格帯のスマホなんだろうな」ということで、その後は候補の中から順次レビューを確認。
「どんな塩梅だべ?」と見てみました。

するとこれがまぁ・・・なかなかに意見が分かれているもので。
「値段を考えれば充分」という意見もあれば、「買う価値なし!」みたいなキツイのも。
と、そんな意見を見ていると、俺にも色々と迷いが出てきました。
「毎日使うものだから、値段が高くても性能が良いものを買うべきか」とか。
ほら、日で割ることを考えれば安いみたいな(笑。

と、そんな邪心のようなものが芽生え始めたものの・・・。
高いものを買ったところで、次から次へと新しいものが出て古くなるのがスマホやパソコン。
それと、数年後にまた買い換えることはほぼ確定しているわけです。
あと、高いものを買って、それをもし壊しちゃったりなんかしたら、俺にとっては痛すぎるダメージ。
せっかくのお宝をダメにしてしまう。
これまでの人生でそういうことを散々やってきているのです(苦笑。

なので、最終的には最近発売された安いスマホを買うことにしました。
値段は2万6千円。
これでも俺にとっては痛い出費ですが、まぁ最初に5万という値段を見ると麻痺するもので、安く感じるから恐ろしいものです。

で、5時間ぐらいかけて新しいスマホを買ったわけですが・・・。
その後、再びスマホの充電についてあれこれ確認してみたのですよ。
データ移行で電源が入らないと困るから。

するとですねぇ・・・ここであることに気づきました。
それは「USBケーブルがおかしいんじゃないか?」ということに。
というのも、いくつか充電ランプが付くパターンを試した結果、上にクッと引っ張るような感じでケーブルを固定すると、充電されることを確認。
なのでテープで固定して充電しました。

翌日。
予備に別なUSBケーブルを持っていたので、付け替えて充電できるか確認。
するとスムーズに充電が始まりました。
つまり、原因はUSBケーブルの断線。
スマホ本体のバッテリー上がりではなかったというオチ(笑。

で、いつもなら「やらかした」と思うのですが、今回の件に関してはそうは思わないのです。
というのも、昨年あたりから「そろそろ買い換えるべきか」と常々考えていて・・・。
そのきっかけになったのは、あるラーメン店のアプリが「対応していません」ということで入れられなかったこと。
例えば最新のゲームとかなら「仕方ない」と思うのですが、単なるアプリを入れられないというのは、けっこうなショックで。
それとマンガのアプリを呼んでいてもしょっちゅう止まる、容量不足でももう新しいアプリを入れられないなど、ほぼほぼ限界でした。
あと、最初に言いましたが、電池の持ちがかなりひどくて、使い続けると、約4時間ほどで満タンから0%に。
これらの症状の上に使用期間が5年ということもあり、このタイミングでの買い換えはやむなしを思いました。

まぁ、安いスマホなので、ゲームとかは期待していません。
とりあえず今のスマホより快適に使えたらそれで充分だと思い、大切に使っていこうと思います。

にしても、USBケーブルとか充電器のケーブルって、けっこう断線するものなんですね。
俺の使い方が悪いと言われればそれまでなんですが、実は使っていたケーブルは2本目なのです。
1本目が2年ぐらい前に断線して、それから予備として持っていたのを使っていました。
一応、乱暴に扱わないように気をつけていたのですが、それでも断線。
バッテリのー持ちがかなり悪くなり毎日頻繁に充電していましたから、そういうのでも負担がかかっていたのかもしれません。
ここら辺も長年使い続けたための負のループで、それなりに理に叶っているなと感じた次第です。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました