スマホの機種変更をするにあたり SIMカードで悩む

スポンサーリンク

先日。
スマホが充電できなくなったことにより、新しいスマホを買うことにしたのですが…。
機種変更に関する知識がないので、調べるのにかなり時間がかかりました。
5~6時間、ガッツリネットで検索しまくり。

まず不安に思ったのは、使っているSIMのことすらよく分かっていなかったこと。
どういう規格のものがあるか、じっくり調べました。
新しい機種を買っても、俺の持っているSIMで使えなかったら意味がないと考えて。

しかしこれがまぁ…。
「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類と分かった後に自分のスマホのSIMを調べたら、
「au Nano IC Card 04」なるもの。
こういう風に名称が異なっていると、俺のような人間はおもいっきり不安に包まれます(笑。

んで、どうしたかと言いますと…。
結局、スマホのSIMを取り出してサイズを測りました。
そして形などを見た上で「おそらくこれはnanoSIMだろう」と当たりをつけて、次は対応している機種を選ぶことにしました。
まぁこの時。
もし間違っていたらそのときはそのときで、後でSIM交換をすればいいと考えました。

そして次はauオンラインショップにて機種を選ぶことにしたのですが…。
俺はauからPOVOに乗り換えたので、この場合は以前と買い方が異なるようで。
で、俺の場合は機種変更を選ぶと「スマホ単体購入の場合はこちら」なる表示が出るそうなのですが、商品ページを見に行ってもその表示がありません。
案内のページを見て何回も確認するものの、実際のページではその表示がなし。
だから何らかの不具合を疑い、このことに関して同じ事で悩んでいる人がいないか検索しまくったりしたのですが・・
なんとこれ、俺が選択していたカラーが売り切れだったため、表示されないというオチ。
普通の人ならすぐに気づくのでしょうが、俺は気づくまでに1時間30分かかりました(苦笑。

と、そんなことがありつつ、後はこの前書いたように値段やスペックなどを見比べて、26,000円のスマホを購入。
メールには「到着まで1週間ほどかかる場合があります」と書かれていたので、それなりに覚悟しましたが、実際は翌日発送して注文してから2日後に届きました。

んで、普通ならすぐに開封するものなのでしょうが…。
Amazonにて別で頼んだ強化ガラスやケースがまだ到着していなかったので、それが車で開封はせず。

正直、以前はこういう強化ガラスとかケースなんて「無くてもいいかな」と考えたこともあったのですが、5年間スマホを使って気づいたのは、俺のような物を雑に扱う人間こそ、絶対に付けたほうがいいと分かりました。
普段は丁寧に扱っているつもりですが、ある日焦ったりするとポイッとカバンの中に投げ込んじゃうことに気づきまして…。
そんな俺でもスマホを壊さずに済んだのは強化ガラスやケースのおかげ。
故障したときの修理額を考えれば安いものなので、今回も買いました。

とまぁそんな感じで色々と買い、スマホを注文してから物が揃ったのは4日後。
いよいよ、セットアップすることに。
このときはすでに元のスマホが充電できる状態に戻ったこともあり、そこまで不安はありませんでした。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました