人生で一番辛かった痛み

スポンサーリンク

今までの人生で一番痛い思いをしたのは、「痔ろう」という痔。

10年以上前のこと。
日々の仕事の中に清掃作業がありました。
タバコの吸い殻を取り除いたり、テーブルを拭いたりなどの作業。
終わった後は手を洗うようには気をつけていたのですが・・・。
ある日、不完全な状態のまま、トイレをした際に肛門周辺を触ってしまったようです。

数日後。
気が付くと肛門のあたりにとんでもない痛みが。
立ったり座ったりなど身体を動かすだけでも痛いのです。
冗談抜きでケツの中に爆弾でも埋め込まれたような。
カチッとスイッチで反応して脳に直接響くような痛み。

特に辛いのは走ることでした。
走る際の振動の度にズキンズキンと痛みがやってくるのです。
ワンオペもよくある職場で、ダッシュをするのも日常茶飯事だったため、
この時は本当に辛かったです。

と、そんな人生で初めて味わう痛み。
あまりの痛みに、このときは愚鈍な俺もすぐに薬局に走り痔のための薬を購入。
そして無料で取り寄せられる痔のことについて書かれた本を取り寄せ。
当時は「休む」なんて選択肢はまったくありませんでした。
だからとりあえず自己診断で症状を調べ、痔の薬を塗って様子見したのですが・・・。
10日間ほど、症状が改善されることなく日々苦しんでいました。
症状が症状だけに周りにも言えないこと、あと見た目はいつも通りなので同僚も俺の異常には気づきません。
普段より走るスピードが遅いぐらいは思っていたのかもしれませんが(笑。

そしてこの後。
まったく治らないので、「本当にどうしたもんかなぁ」と悩んでいたのですが・・・風呂に入ったときのこと。
身体を洗うために座ろうとした瞬間、グラッとバランスを崩して、右のお尻をそのまま床にダイレクトにグッと押しつけるような形に。
するとその瞬間、「ブリューー」という音と共に膿のようなものが出てきました。

最初はなんのこっちゃ分からず固まってしまいましたが、この時気が付いたのです。
「あれ?さっきまでの痛みが減ってないか」と。
なので、そのままお尻をグッと押しつけると、更に膿が出てきました。
これを見て、どうやら肛門の内部に膿が溜まっていて激痛になっていたのだと分かりました。

この後。
風呂に入ったりして気づきましたが、もう痛みはほぼ消えた状態に。
これが正しい対処法なのか、治ったのか確信はなかったのでその後も痔の薬は塗り続けましたが、そこから痛みが再発することはありませんでした。
このときは本当に嬉しかったですね。
それぐらい凄まじい痛みだったのです。
身体の内部に発生するような痛みは、まったくの別物なのだとこのとき学びました。

そして現在。
10年以上経ちましたが、あれから再発もなし。
まぁ運良くバランスを崩して治ったのだから、俺もなかなかの強運の持ち主だなぁと(笑。
それと、現在はとにかく手指の清潔さには気をつけています。
バイ菌を舐めちゃいけませんわ。
時にとんでもない大病を運んできたりするので。
皆さまもお気を付け下さい。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました