悲しきAI絵師

スポンサーリンク

数日前のこと。
その界隈では有名らしい絵師の方が炎上していて、その内容を見てみると・・・。
どうやらいま流行のAIを使ったトラブルの模様。

トラブルの内容は、その絵師の方が描かれていると思って同人誌を買ったけど、中身はAIによって描かれたイラスト集。
本の紹介文にそれらの説明がなく買わされたので、「こういうのは許されるのか?」みたいなことで買った方がTwitterで拡散。
それで炎上したようです。

んで、その後は返金やらなにやら手続きをして問題は解決したようなのですが・・・。
この絵師さんのことが気になった俺はちょっと色々調べてみました。
その結果、昔から色々とやらかしている絵師さんらしくて・・・。

ただ、昔のイラストを見ると、非常にステキな絵を描かれているのですよ。
キレイで心の琴線に触れるようなイラスト。
コミケなどでも伝説的な売上げをあげたこともあると聞き、それには納得しました。
この絵だったらそれだけ売れるだろうなと。

なのでねぇ・・・。
俺は余計に悲しくなってしまったのですよ。
これだけの技術を持っていて人々から称賛されていたのに、それが今やAIにイラストを描かせているのが。
しかもそのAIに描かせたイラストは、もうまったく魅力を感じないもの。
どこにでもあるような代物なのです。

で、なんというか、これが「絵を描くのをやめる」とかなら分かるのです。
“筆を折る”でその業界から去るとかなら。
こういうのって世の中には珍しくない話です。

が、この方はそうじゃなくてAIに描かせてそれを売っているという・・・。
考え方は人それぞれで、このやり方がダメだとは言いません。
ただ、俺が感じたのは、この姿勢だと「絵で楽に金を稼いでやろう」としか見えなくて。
元々は自らの手でステキなイラストを描く能力があるだけに、申し訳ないけどあまりにも残念に思えました。
この件があるまでその方は知りませんでしたが、昔は有名な方だったみたいですから、ファンの中にはショックを受けている方もいるでしょうね。

と、そんな絵師の方をみて、本当にもったいないなぁと思いました。
立派なスキルがあっても、それを活かそうとせずに違った方向に進んでしまったみたいなのが悲しいのですよね。
絵を描くというのは相当な労力や時間がかかるゆえに、今後こういう絵師さんが増えるのかもしれません。
AIでチャチャッと描けるのはやはり楽でしょうし。
ただ、そういう絵はおそらく売り物にはならないと思います。
やはりその絵師さん自身が手間をかけたものでなければ、魂が入っていないようなものだと思うから。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました