給湯器の定期点検サービスをやってもらった

スポンサーリンク

12月上旬。
給湯器の点検に来てもらいました。

やってきたのは20代と思われる男性。
テキパキとした説明をしてくれるしっかりとした若者。
こういう若者に遭遇すると、つくづく自分の醜さを思い知らされます(笑。

で、この男性。
仕事も早くてチェックして家の中に入っての説明まで含めて30分ほどでした。
俺としては「1時間前後はかかるだろうな」なんて予想していたのですが、かなり短時間で終わりました。

そして我が家の給湯器の状態ですが、今のところは異常なし。
ただ、一般の家庭に比べて追い炊きの使用時間が100時間ほど多いとのこと。
最初は「へ~100時間」と軽く考えましたが、風呂で100時間は冷静に考えれば多め。
これは俺や弟が追い炊きをよく使うのが原因。
こういうのも数字できちんとチェックできるようになっているから、いまの技術というのは凄いですね。

とはいえ、いまのところは問題なく使えているわけです。
だからこの後、どうしたもんかなぁと思ったのですが、母は「経年劣化のようなものはないのですか?」と聞くと、11年使っているので「着火のスピードが遅くなっている」とのこと。
これを聞いた母は即座に「たしかに!最近水からお湯になるのが遅い」と納得し、とりあえずその部品だけ交換してもらうことにしました。
定期点検診断に加入して部品の交換をしても1万5,000円ほどになるとのこと。
これぐらいの値段で安心や快適さを得られるなら安いもんだと思って、そのまま頼みました。

そしてまたそこから3日後。
男性スタッフが来てくれて給湯器を清掃。
やった証拠として水に溜まった汚れまで見せてくれて、まぁここまでやらないと今は疑う人もいるのだろうなと察しました。
ま、車の部品交換などと一緒ですね。
交換した後に必ず古いパーツも見せてくるみたいな。

と、そんなわけで去年から気になっていた給湯器ですが、これで当面の間は大丈夫そう。
定期点検のサービスに加入したこともあり、もし何かあっても一般のお客さんよりも優先して修理に来てくれるそうです。
15年目ぐらいまではこちらが望めば毎年1年に1回定期点検に来るとのこと。
10年目に「88」表示が出たときは金惜しさにスルーしましたが、やってもらったことにより給湯器の現状を知ることが出来、安心しました。
後は少しでも長く使えるのを祈るだけです。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました