J:COMの契約更新

スポンサーリンク

我が家はJ:COMに加入しています。
最初に様々なチャンネルが見られるテレビサービスに加入したのは、おそらく父が映画好きだったからだと思います。
その次のネットのサービスに加入したのは、俺が高校生時代、「ドリームキャスト」(Dreamcast)からネットに繋げるため。
父に頼み込み、けっこう面倒でしたが何とか契約したことを覚えています。
こういうことだけは必死になるのが何とも俺らしいですね(苦笑。

と、そんなこんなで20年以上は使い続けてきたJ:COM。
契約更新などは全て父に任せていました。
が、そんな父は2018年に他界。
そこからは亡くなった後の各種手続きで他にやることが多々あり、普段使っていたJ:COMのサービスのことなんてすっかり頭から抜けていました。

しかし、今年の3月。
家にJ:COMの担当者から、「契約更新の時期になりますので、契約内容についての見直しをしたい」という電話がかかってきました。

 

 

母から、
「あたしはネットのことなんかまったく分からないから、担当者が来る時に一緒に説明を聞いてほしい」
とお願いされたので、俺もその場で話を聞くことにしました。

担当者がやってくる日。
事前に「9~12時の間にお伺いします」 「お伺いする正確な時間が分かったらお電話します」
とのことで家で待っていると、「10時半ごろにお伺いします」との連絡が。
その後、担当者が来て母と説明を受けました。
そしてこのとき、初めて母がまったくJ:COMのテレビサービスを使っていないことを知りました。
父はJ:COMから録画用ハードディスク(J:COM LINK専用)を有料でレンタルして使っていたのですが、
母はもちろん俺もそんなことは全く知らないため、一切使っていませんでした。
なので担当者から、「録画機能の無いものに切り替えると若干お安く出来ます」とのプランの提案が。
提示されたプランを見ると、どうやら録画機能を使わないのに、毎月300円ほど多く払っていたようで・・・。
何とももったいない話ですが・・・これもまぁ亡くなった後の手続き等で「あるある」かなと思いました。
我が家のように父1人に任せっきりにしていると、今回のような契約更新の話がなければ気付かないといいますか。
だからこれに関しては母とも、「もったいないが、こればかりは仕方ないね」と納得しました。

あ、ここで、「なんで誰も見ないテレビサービスを契約したままにしてたんだ?」と思った方もいるかもしれません。
が、これは弟だけはテレビサービスを利用していたため。
あと俺もネットは引き続き使っていたため、気付かなかったというわけです。

この後。
担当者が提案したのは録画機能のない機器に切り替えて、テレビやネットはこのままというプラン。
このとき事前に契約内容について考えていなかったこともあり、その提案を受け入れました。
母も「これでいい」となりましたし。
ただ、以前からネットサービスの「速度」について不満がありました。
でも数年前に調べた際、J:COMのネットサービスで仮に1Gコースを選んだとしても、回戦の都合上、「NTTなどで使っている光回線程のスピードは出ない」と分かり諦めたのです。
それで高い料金を払うのは、あまりにもったいないってもんで。

しかもこの当時、J:COMの料金は全て親に払ってもらっていました。
そこで更にネットの対戦格闘ゲームをやりたいとはいえ、別に光回線を引くなんてのは・・・。
仮にその費用や毎月の料金を自分で払うにしても、フリーターの俺では身分不相応というもの。
父もたぶん許可してくれなかったでしょう。
だからそこは諦め割り切っていたのですが・・・。
担当者と話してから1週間ほど経った頃、ふと「4月までが契約更新月で、違約金とか無しでコースの変更が出来るんだったんだよな」と頭に浮かび、改めて現在の契約内容などを確認してみることにしました。
とりあえずネットなどはどうせそんなに速度が出ないから、料金高めの320Mコースにしなくてもいいんじゃないか等。
そして調べていくうちに、いくつかの選択肢が見えてきました。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました