すっかり口だけ野郎になっちゃったね・・・

スポンサーリンク

去年から楽しませてもらっている格闘技イベントRIZIN。
きのう行われたRAIZIN.29も気になっていたのですが、夕方あたりに見た皇治選手の1回戦の試合結果を見た瞬間、あまりに想像していたのと違いすぎる結果に唖然としました。
なにせ1R43秒、バッティングによりノーコンテストなので・・・。

どの記事を読んでもやたらと「頭突き」という単語が出てきたので不覚にも笑ってしまいました。

「右ストレート」とかではなく、反則である「頭突き」というワードがてんこ盛りという・・・。
皇治選手が試合前に散々カマしていたのはなんだったのか。
しょっぱい試合の判定決着よりもつまらない上、非常に後味の悪い結果。
会場に行ったお客さん、PPVで楽しみにしていたお客さんたちにとっては最悪の結末ですね。

んで、ですよ。
決勝はどうなったのかと思ったら、ここでも「頭突き」「頭突き」「金的」という反則のオンパレード(笑。
「まともな技を持ってないのか」と突っ込みたくなるような内容。
1回戦で対戦相手にあれだけ迷惑をかけているのに、それを繰り返すというのは論外。
これは故意じゃなかったにせよです。
運営もさぞかし困ったと思いますよ。
反則行為をやらかした方を決勝の舞台に上げざるを得なくなってしまったらねぇ・・・。

皇治のウリはビッグマウス。
で、最初のころはまぁわりと聞いていられたというか、話題にはなっていたと思います。
しかし、ここまでRIZINでは全敗。
試合前に散々デカい口を叩いて盛り上げても、これだけ結果が伴わないとさすがに冷めるってもので。
しかも今回は2試合ともで反則のオンパレード。
これだと「皇治」ではなく口だけの「口冶」なんて揶揄されても仕方ないかなと。
ビッグマウスというのは結果を伴ってこそ楽しめるものだと、皇治を見ているとつくづく思いますね。

ま、1つ良かったのは自分から引退を口にしたことでしょうか。
これだけクソミソな試合をした後に
「俺はまだ負けてへん!みんなこれからも応援頼む!!」
とは言っていたら、それはそれはサムいことになっていたでしょうから・・・。

もし今後続けるにしても、戦法を大幅に変え、絶対に頭突きや金的をやらないようにしなければいけない皇治。
またやらかしたらすぐに「また反則やりだしたよ、あいつ」と言われますからね。
しかし年齢を考えれば、さすがに厳しいでしょう。
すんなり引退でいいと思います。
というか、こういう試合をする選手よりも、もっと真面目に努力している人間をRIZINのリングに上げてほしいなと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました