これからはコロナと共に生きるしかないように思えてきた

スポンサーリンク

【速報】緊急事態宣言 宮城県内全域の飲食店で酒類提供停止へ 一斉休校は検討せず

【速報】宮城で過去最多の301人感染 このうち仙台市でも過去最多の197人 患者1人死亡

きのう、宮城県でも緊急事態宣言が出ました。
そしてついに1日の感染者が300人超え。
ネット上の声で「そういう状況になっている」とは薄々聞いていましたが、毎日着実に感染者が増えていることが目に見えて分かると、だいぶピリついてきます。
うちの母もその一人で、かなり神経質に。
ワクチンを2回打った俺と母ですら精神的にしんどいのですから、まだ打っていない人にとっては相当な不安に駆られるかと思います。
少しでも早く多くの人にワクチンが行き渡ることを願うばかりです。

それにしても・・・。
Twitterを見て「ひゃあ・・・大変だ」と思わずに居られないのは飲食店の方々。
再び営業時間の短縮、酒類の提供の禁止等の話を聞くと、正に踏んだり蹴ったりすぎて気の毒になります。
ほんと~にコロコロと営業時間を変えなければいけないのが、しんどいんじゃないかと。
仕事のリズムとかにも影響してくると思うのです。
俺もバイトしていたときのことを思い返すと、30分とか1時間単位で変更になったら相当辛いでしょうね。
特に俺の場合は細かい融通が利かない人間ですから(苦笑。

というか、これだけ感染者が増えている現状を見ると、今は夜に営業してもお客さんは相当少なくなるのでしょうから、店を閉めていた方が楽なのかもしれません。
酒も出せないとなると、儲けも出せないように思いますので。
稼げる条件をどんどん厳しくされていく飲食店。
この状況でも耐えているお店は本当に凄いです。
俺ならとっくの昔にギブアップしています。

で、いま俺が感じているのは、これからは「コロナと共に生きていく」しかないのかなということ。
感染対策しているであろう若いスポーツ選手が芸能人がかかっているのを見ると、残念ながら完全にコロナが収束することはないように感じています。
これからは黙食などの感染対策をした上で、極力周りに迷惑をかけないような行動を取っていくしかないんじゃないかと。

現時点では「こうしたら100%防げる」というのも、ほぼ分かりません。
こうなると、これからは人流を抑制しようとかではなく、コロナを踏まえた上での生活様式にしていくしかないように思っています。
むろん、出来れば学校なども一斉休校した方がいいし、みんなが出かけるのを控えて、しっかりと感染対策をするのが一番いいのですが・・・。
もうコロナに対してある程度慣れてしまっていることや、コンサートやスポーツ観戦なども我慢を強いられていて、世間のストレスもだいぶ溜まっています。
これからはそれらを少しずつ解消させていけるような生活様式になり、何とかコロナと付き合いながら生きていくことになるような気がしています。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました