超大型台風が来るときは、バイトを休んでもいい

スポンサーリンク

 ここ数日。
大型の台風のニュースを見て頭に思い浮かんだのは、昨年の台風19号が通過する日の早朝、バイトに出勤したこと。
前代未聞の超大型の台風が来るとのことで、前日から出勤するかどうかかなり迷いました。
で、結局は社長に確認を取り「出勤してほしい」とのことだったので、そのまま出勤することに。

 このとき。
幸いなことに俺は台風による被害を受けるようなことはありませんでした。
職場に向かう途中、道路が冠水で通行止めになっていたり、家を出る直前まではとんでもない量の雨が降ったりしていましたが、車がダメージを受けるようなことはなかったのです。
そしてこの日。
俺が退社することには、素晴らしい快晴。
台風が見事に通り過ぎたことが分かる天気でした。
この日は相当店が賑わったようです。
社長の読みが当たり、俺も作業をやった甲斐があるというもので、このときはさほど気にしていなかったのですが・・・。
後で考えてみると、この行動が本当に正しかったのか疑問を持つようになりました。

 これは以前にも書いたことですが、まず1つは、バイト代の5,000円を得るために危険な悪天候の中で出勤する必要があったのかということ。
俺が退社して店が開店するころには快晴でした。
しかし、俺が職場に向かう直後は、台風が通過している真っ只中。
先に述べたように被害は受けていません。
が、これは結果論で、ヘタしたら冠水に巻き込まれる、またが風で吹っ飛んできたものが車に当たるなどがあったとしたら・・・。
それを思うと、そこまでして出勤するべきではなかったのだと。
もし車が故障したりしたら、それだけでも大損なわけですし。
また、母からもこの日の勤務が終わった後に言われたのですよね。
「こういうときは休ませてもらわねばダメだ」と。

 そして次に気付いたのは、この台風により車中死で亡くなった方が多数いたという現実でした。
仕事が終わった後に家に帰ろうとして冠水した道路にハマり、濁流にのみ込まれた。
親戚の家に車で向かおうとした途中、川の増水による道路の陥没などで転落した方々など。
これらのニュースを見た時、俺はこう思ったのですよ。
「この人たちも車なら大丈夫と思って家を出たんだよな」
と。

 

 おそらく誰1人、自分が亡くなるとは思っていなかったと思います。
多少危険だけど、「ヤバい」と気付いたら車で引き返せばいい、コースを変更すればいいと考えていたと思うのです。
しかし・・・これまでに経験したことがないような台風が来ていて、そのトラブルに見舞われたとき、実際に動ける人っていうのは、ほとんどいないと思います。
例えば俺が運転していたとして道路が陥没してどこかに落ちたとしたら、ほぼそのまま死ぬでしょう。
咄嗟に窓ガラスを割って脱出するほどの身体能力はないですし。

 と、これらのことを踏まえると・・・。
やはり超大型の台風が来ているときなどは、仕事は二の次で最優先は自分の命だと思いました。
だから自分で判断して危険だと思ったら休むべきだと思います。
んで、これで上の人間から文句を言われたら、「いや、車中死とかで亡くなった場合、責任取ってくれますか?」ぐらいは言っても構わないんじゃないでしょうか。
だって死んだら何の意味もないですし、そこまで危険を負って出勤しなければならないバイトっていうのは、そうそうないでしょう。
とにかく自分の命を最優先に。
こういうことを言ってこの後、上の人間との関係が悪化してもいいと思います。
そういうことに想像力が及ばない人間の下で働いても、先は長くないでしょうから。
また「それでもいいから行け!」と言われた場合は、
「だったら○○さんが命をかけて行ってくださいよ」
とでも言えばいいかと(笑。

 バイトの場合、立場が弱くてきつく言われると従いがちですが、死ぬかもしれないレベルの台風がやってくる昨今。
断る権利はバイトにもあります。
俺が仮に今バイトをしていたとしても、超大型の台風が来る日は休ませてもらうでしょうね。
命をかけてまで責任を負う必要は、バイトにはありませんから。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました