コールセンターとのやりとりで疲弊

スポンサーリンク

光回線1Gコース初回の記事はコチラ。
前回のつづきです。

j:COMのネットにも光1Gコースがあることを知り、契約内容を変更しようとj:COMのwebサイトから申し込んでみようとすると、これで直に契約内容を変更することは出来ませんでした。
webで出来ることは、オペレーターから連絡が来るようにすること。
で、一通り打ち込んで後は電話を待つだけとなったのですが・・・。

このとき。
ちょうど3月の引っ越しシーズンということもあり、かなりコールセンターが混み合っており、電話がなかなかかかってきません。
んで、かかってきても、こっちがちょうど電話に出られないタイミングだったり・・・。
そしてこちらからかけ直しても、まぁオペレーターに繋がらないこと繋がらないこと(笑。
電話をかけてから待ち続けて、10分後ぐらいにようやくオペレーターに繋がる感じで、非常に難儀しました。

そしてですよ。
契約の際に割り当てられているIDを使ってwebから契約変更を申し込んだわけですが・・・。
オペレーターいわく、最初に契約者である母に直に確認を取らねばいけないとのこと。

 

 

で、このとき母は家におらず・・・。
母が帰ってきてから再び電話をかけても、オペレーターに繋がるまで10分。
こんなことを繰り返していると、「webで手続きできるようにすれば、楽なのに・・・」と思ったし、こういう仕組みではコールセンターが混み合って当然だと思いました。

で、この手のやり取りをすること数回。
ようやく営業の担当者から電話が。
契約変更に関する費用のことなどいくつか確認。
最初のオペレーターとのやり取りでは、かかる費用は3,500円とのことでしたが、営業担当者に確認すると、実際は6,500円かかるとのこと。
これはどうやらオペレーターが何かの無料キャンペーンを勘違いしたようで・・・。
やはりこういう費用の確認は、しっかりしないと危ないと思いました。
倍じゃまったく話も違ってきますしね。
まぁ、この件に関しては想定していたよりも安い金額だったので、素直に払うことにし契約をすることに。

この後。
後日オペレーターに電話して契約するか、営業担当者が家にきて直に契約するかの話になりました。
当然俺は営業担当者に直で家に来てもらうことに(笑。
オペレーターに電話を繋げるのは骨が折れますし、また別な人間を介してとなると、間違いなくややこしくなると思ったから。
それなら営業担当者に家に来て直接話した方が間違いがありません。
向こうにとっては手間で申し訳ないと思いましたが、確実性を選びました。

と、そんなこんなで後日、営業担当者がやってきて、ネットを光回線にする契約が完了。
あとは工事日がいつになるかということだったのですが、このときは4月でまだまだ忙しい時期らしく・・・。
回線工事が決まったのは、それから1ヶ月以上後の5月中旬に。
そして工事についての説明が。
今回のような光回線の工事の場合、午前中に「au(KDDI)側の工事担当者」がやってきて、外から回線を引っ張ってくる工事をし、午後に「j:COMの担当者」やってきて、家の中で機器の設置を行うとのこと。
これを聞いた時、ちょっと面倒くさいとも思いましたが、そういうシステムなのでどうしようもありません。
この件についても了解し、後は工事日を待つだけとなりました。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました