義理を通す相手を間違えた結果ですね・・・

スポンサーリンク

17日の夜。
リアルタイムで雨上がり決死隊の解散発表を見ました。
それを見て感じたことをこの2日間考えていたのですが、きのうのこちらの記事を見て、
「ああ、これが全てだな」
と思いました。

千原ジュニアが宮迫の“不義理”に本音「昨日、今日会ったユーチューバーを取るんかい!」

解散に至る原因をスパッと言い切っていて、非常に分かりやすいと感じました。
まぁこの通りですよね。
何十年も付き合いのある芸人たちには不義理をして、昨日、今日会ったユーチューバーには義理と通すというのはおかしな話。
でも今回、宮迫さんはそれを実際にやってしまったわけで・・・。
宮迫さんにも様々な事情はあったと思いますが、この話を出されたらもうフォローのしようがないです。

で、今回。
この話を聞いて初めて分かったのは、蛍原さん含め芸人さんたちが宮迫さんのYouTubeデビューに関して、非常に怒りを覚えていたということ。
素人の俺でも宮迫さんのあのタイミングでのYouTubeデビューには疑問に思っていましたが、身内の芸人さんたちにとっては疑問レベルとかではなく、本当に許せないことだったのでしょう。
「いやいや・・・おかしいって。あり得ないでしょ」ぐらいの。

特に相方の蛍原さんは、一連の騒動があった後、いずれは二人で裸一貫で劇場からやり直すぐらいの覚悟があったようです。
しかし、そんな考えを知らずか宮迫さんはYouTubeデビュー。
そしてそんな宮迫さんの横には大物ユーチューバーたちが相方のような感じで振る舞っている。
こんなの見たら、そりゃ蛍原さんはさぞかし失望しますよね。
「これまでの30年以上の付き合いは何だったんだ・・・」と。

というわけで、この解散に関しては蛍原さんが「もう絶対に許すことは出来ない」と堪忍袋の緒が切れたということのように思います。
なぜなら別に解散をせずに「雨上がり決死隊」という屋号を残すことも可能だったはず。
この先5年10年このままでも、文句を言う人は別にいないでしょう。
でも、蛍原さんは周りの芸人さんとの付き合いというか、立場上のこともあり、「このままには出来ない」と判断して、きちんとケジメを付けることにしたのでしょう。
本当に付き合いの長さや年齢的なことも考えれば、このままという選択肢もありだったと思います。
しかし、それは出来ないぐらいの怒りがあったため、こういう結論を出したのだと思います。
俺も若い頃に友人に不義理をやられた経験があるゆえに、蛍原さんが受けた傷というかしんどさが分かります。
人間、ウン十年も生きていればこういったことは多かれ少なかれあるだけに、あの配信番組を見て蛍原さんに同情する人はかなり多く居たのではないでしょうか。
だから今後も蛍原さんを応援する人が大半かと。
逆に宮迫さんはテレビ復帰は絶望的なほどイメージダウンになりましたね。

と、それだけ蛍原さん含め周りの芸人さんたちは怒っていたのですが、当の本人である宮迫さんが番組の時点ではそれに気づいてないのが、なんとも「う~ん」な感じでしたね。
周りが冷めているなかで状況を把握せずに一人ではしゃいでいる。
その様子を見て、ジュニアさんはここまでバッサリ言い切ったのでしょう。
これまで芸人達が宮迫さんに感じていた不満をまとめて吐き出すような形で。

んで、そんな宮迫さんですが、きのうこんな動画を出しましたね。

宮迫博之 公開休止から一転YouTube更新し謝罪と感謝の言葉「結局僕は自分のことばかり考えてた」

正直、こういう動画を出すだろうなと思っていましたが、本当にそのまんま出してきましたね・・・。
ただ、ネットやジュニアさんから厳しめの声が出た後でこういう謝罪をしても・・・・・・。
するなら番組内で、蛍原さん含め番組スタッフに心の底から謝罪するべきでした。
というか、こういうのを動画で出したら、どうしたって「再生回数稼ぎか」と言われるのは必然なわけで。
「そこら辺のことも考えられないのだなぁ」と思うと共に、蛍原さんが解散という結論を出し、「再結成はない」と断言していた理由が分かりました。
やはり宮迫さんが今後テレビに復帰する可能性は限りなくゼロに近いでしょう。
まぁ本人がユーチューバーたちに義理を通す方を選んだのですから、YouTubeで頑張ればいいと思います。
これまでほど活躍するのはかなり難しいでしょうが。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました