悲しきリニューアル

スポンサーリンク

数週間前こと。
行きつけの動物系カフェがリニューアルしました。

リニューアルに伴い、システムが大幅に変更。
正直、客としての立場としては痛い変更点もあります。
でも、商売として考えたら“そんな甘いことは言っていられない”のだろうなということも分かるので、騒がずに大人しく通っております(笑。
「イヤなら来んな!」と言われればそれまでですし。

しかし!
そんなリニューアルに伴う変更で、どうしても認められないというか、辛い方向へ変わってしまったことがありました。
それは、カフェで出されていた料理が軒並みクソまずくなってしまったこと。

リニューアルした後の1回目の食事のとき。
このときは気づきませんでした。
「まぁこんなもんかな」と思って、カレーを食べました。
2回目はパスタ。
このときもまぁ特に不満を持つようなこともなく食べ進めていたのですが・・・。
途中で気づきます。
「あれ?これ思いっきりレトルトで、味が格段に落ちていないか?」
と。

どういうことかと言いますと、このカフェではリニューアル前は手のこもった料理が提供されていました。
俺も数回食べたのですが、どれも料理として充分に味わえるものでした。
だから場合によっては“カフェでの食事”も選択肢の1つでありました。

しかしリニューアル後は・・・。
2回食べて気づいたのは、圧倒的な手抜き感。
実際、手作りの料理を作っていたときは、スタッフさんが状況によって大変な思いをしていたのを見たことがあります。
なので、改善という意味でいくらか業務用のようなものを利用するのも分かります。
コスト的な観点からも。
でもこれが・・・“手作り料理から全てレトルトへ”のような変更だと、前の料理がおいしかった分だけ、レトルト料理のおいしくない部分を強く感じてしまうのです。
例えるなら、以前にも書きましたが、コンビニなどで売られているあの袋に入って120~280円ぐらいで売られているチルド惣菜のみで、食卓を囲まれているような感じ。
手作り料理の他にチルド惣菜を1品足すなら、おいしく頂けるし効果的だと思うのですが、全てがこれだと・・・。
それぞれ違うチルド惣菜だったとしても、味の方向性が一緒だから「ん?」という感じで、あまりおいしくないのですよね。

また別な例えで言えば、カップラーメン2個食いとか。
お腹が空いているからといって、それぞれ違うカップラーメンを2個食べて後悔するみたいな。
むろん、こういうのでも平気というか好きな人もいるかもしれません。
が、俺的には“何でも腹に詰め込めばいいってもんじゃない”というか。
このケースで言うなら2個食いするぐらいなら、1個にしておにぎりとかにした方がいいと思うのです。

ということで、行きつけの店で思いっきり手抜き料理が出されるようになったのは、とにかく悲しくてなりません。
以前の料理がおいしかっただけに、その悪い部分が目立つのがこれまた悲しすぎて・・・。

あ、ちなみに俺はレトルトの料理は嫌いではありませんし、家ではよく食べます。
レトルトカレーなんかにはよく助けられています。
が、これが家ではなく店となると・・・。
まぁ商売というのはきれい事ばかりでは務まらないというのは分かりますが、明らかな手抜きはバレるし、そこに通い慣れた客ほどショックを大きく受けるものだと知りました。
何事もバランスが大事だと思った次第です。

 

明日から3~4日更新を休むかも知れません。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました