なんで学ばねーんだよ!!

スポンサーリンク

タイトルのようなセリフを、有村昆も人生を失敗している俺に言われたくはないでしょうが(笑、きょうは彼がやらかしたこの一件について書こうと思います。
2日続けて不倫ネタですいません。

有村昆 不倫報道で2番組降板 活動自粛で残る3番組も降板濃厚

あれだけ多くの芸能人たちが不倫により失っているというのに、いまだに「自分だけは大丈夫」と不倫に走るという・・・。
映画ばっかり見てワイドショーとかは見てこなかったのでしょうか(笑。
しかもどうしようもないのが、バッチリ証拠が残ってしまうSNSを利用したということ。
心底バカだとしか言いようがありません。

ただですね・・・。
俺には有村さんがそれだけ必死になった理由が分からなくもないのです。
というのも40半ばともなれば、人によっては「死」を本格的に意識したりするのですよ。
それに伴い、なんというか「女を抱きたい」的な本能的な欲求が出てくると申しましょうか・・・。

むろん、有村さんのように結婚している方はそれを許されないわけです。
まぁ嫁さんが許すなら風俗ぐらいはありなのかもしれませんが、他の女性とそういった行為をすること絶対にNG。
でも男ってのはもう追い込まれてくると、そういう倫理観やら何やら全部吹っ飛んでしまって、とにかく「やりたい」気持ちが勝る気がします。
全ての男性に当てはまるわけではないですが)
だから今回の件も、傍からみたら大馬鹿野郎でしかないのですが、当人にとっては必死でとにかくやりたかったんだろうなと。
サッカーで例えるなら、手で直接ボールをはじいてゴールに叩き込むみたいな(笑。
それぐらい必死だったんでしょうね。
そう考えれば、これだけの愚行の説明もつきます。

しかしねぇ・・・。
結婚してからテレビに奥さんである丸岡いずみさんとセットで出まくっていた有村さん。
映画評論家というよりは「愛妻家」として世間から認知されていたように思います。
特に丸岡さんがうつになったときに「支えた」とかで、その部分に良い印象を持っていた方も多かったでしょう。
しかし、そんな人が不倫。
これはだいぶ大きなイメージダウンですよね。
ヘタしたら、有村昆の持っていたイメージを根底から全てぶっ壊してしまったのではないでしょうか。
一時期、とにかく夫婦でテレビに出まくっていましたからね。
今後、テレビに出るのは相当厳しくなったのではないでしょうか。
当人が不倫をいじられて笑いに変えられるなら、まだ生き残りの目はあるかもしれませんが・・・。
ただ、今後は常に「不倫していた男」というレッテルが付いて回りますから、以前と同じように活動していくのは非常に難しいと思います。
本人的には軽い遊びだったのかもしれませんが、その代償はとんでもないものになるでしょう。
いやはや、本当に不倫は2億円ぐらいの損失になる行為ですわ・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました