頭がお花畑な奴ら

スポンサーリンク

きょうは2つのニュースを。

親グマが突然車に“突進”子グマ守ろうと?

最初に記事を読み、「いきなりこっちを向いてとびかかってきたというか」という話をしているので、茂みから突然襲われたとか、何もしていないのに襲われたのかと思ったら・・・。
動画を見ると、おもいっきりクマたちをテメエらが追いかけているようにしか見えません(汗。
ブレーキをかけるのが遅すぎ。
というか、スマホで動画を撮る余裕はあるのがこれまた(笑。

走っているところを後ろから車がけっこうなスピードで接近してきたら、そりゃ親グマに手を出されるのは当たり前。
これで「いきなりこっちを向いてとびかかってきたというか」という説明は勘弁していただきたい。
こういう頭がお花畑の人間の話というのは、真に受けてはいけませんね(笑。
久々にストレートなバカを見ました。

欠席連絡なし 担任は把握、所在確認せず 送迎バス5歳児死亡

このところずっと取り上げているこのニュースですが、きょうも園長にはイラッとさせられています。
というのも、欠席者がいたらホワイトボードに書く仕組みだったようで、この日は亡くなった園児の名前が書かれていなかったとのこと。
で、”園の関係者によると、園長も「ホワイトボードに(冬生ちゃんの)名前がないことで異変に気づけなかったのだろうか」と周囲に話しているという”(*上記リンク先から引用)

いやいやいや・・・当日、園長が送迎をしてバスに乗せているんだから、あんたが真っ先にこのことに気づかなければいけないわけで。
それなのに「保育士が気づけなかったのだろうか」とは・・・。
責任転嫁全開すぎます。

というか、マジでこういう風に周囲に話しているのでしょうか。
それだったら事の重大性を認識していなさすぎ。
園長が降車確認をしなかったことが一番の原因であり、それがなければ防げた事件。
遺族がこんなことを知ったらブチギレるんじゃないでしょうか。
「どこまであんたは他人事なんだ!」と。
ま、欠席確認しなかった保育士さんにも非はあると思います。
ただ、この前書いたように、ブラックな組織はそこら辺の確認をするのも億劫で、ついつい自分の都合のいいように解釈してスルーしてしまうものなのですよ。
まぁ、これだけまともな神経を持ち合わせていない園長がトップなら、どれだけ組織内がズタズタだったかよく分かります。
園児一人が亡くなっているのに、とにかく言葉が軽い、罪の意識がまったくないようにしか見えません。
普通だったらやらかした罪の大きさでひたすら謝るしかないぐらいなのに、未だに「周囲が気づけば良かった」的なことを言っているのは・・・。
マジでおめでたい頭すぎて怖くなります。
これが組織のTOPだったというこを考えると、もう絶望的な気持ちになります。
遅かれ早かれこういう事件は起きるようになっていたのでしょうね。
しっかりと園長が罪に問われることを願います。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました