お前が選べ

スポンサーリンク

スーパーによくある“お客様の声”を見るのが好きです。
特に好きなのは“怒りの声”の方(笑。

この怒りの声。
的を射るものもあれば、まったく見当違いなことを書いているお客様もけっこう見受けられます。
「は?なに言ってんだコイツ」みたいな。
ただそんな意見にも、スーパー側は低姿勢で丁寧な返信をすることがほとんど。
変な人とはいえお客様だから、邪険にはできません。
店長さんたちは大変ですね。

 

 

そんなお客様の声。
先日もあるスーパーに寄った際に見てみたら、このような怒りの声がありました。
「前にサービスカウンターの店員に言ったが、責任者に入口のタバコの灰皿の件は伝わっているか。
 副流煙が気になるので何らかの対策をしてほしい」
と。
実際の文章はもう少し長く書かれており、読んだ感じの印象からすると、このお客様の言いたいことは
「入口からタバコの灰皿を撤去しろ!」
という感じ。
文字などを見ても、前から言っているのに改善されないことに苛立っているようでした。

と、そんな怒りの声。
俺は「どうせ低姿勢の無難な返信を返すんだろうな」と思いながら返信を読んでみると・・・。
店からの返信は
「灰皿の場所はこれまで検討した上で2ヶ所に設置させていただいています。
 入口は2階も含め全部で5ヶ所ございます。
 お客様の方でお好きな入口をお選びください」
と。

いやぁ、スカッとしましたねぇ。
このお客様の「灰皿をどかせ」という要望はバッサリ斬り捨てたわけです(笑。
は「副流煙が気になるなら、お前が灰皿のない入口から入れ」ということ。
たいていは「お客様の言い分も分かりますが・・・」的な低姿勢で返信していることが多いだけに、この返信には感動しました。

で、思ったのですよ。
本来はこれぐらいの返信をやるべきだと。
タバコを吸う人も買い物に来るわけですから、そんな副流煙がイヤだからと言って灰皿を撤去できるものでもないことは明白。
昨今はなんでもかんでもクレームを付けて、しかもそれに簡単に屈して間違った意見が通りがちな世の中ですが、単なるワガママにはこのように毅然とした対応をすべきだと思いました。
まぁこの手のおかしな人はそれにより激昂したりするから怖いのですが・・・。
でも、やはりおかしな意見には耳をかさなくていいと思います。
このスーパーの対応を見て、まだまだ世の中捨てたもんじゃないと気分が明るくなりました。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました