バイト先で大事件が発生

スポンサーリンク

以前の記事を引っ越しました)

バイトをしてから2年が経ち、いまのところの悩みは店長のことぐらいなのですが・・・。
先日、予想もしていなかったとんでもない事件がバイト先で発生しました。

その事件を起こしたのはヤスオさん(仮名)という人物。
年齢は30代後半。
2018年2月ごろにバイトとして入社して、正社員になろうとしていたみたいですが、その後その希望が叶ったかどうかは分かりません。
やっていた主な仕事は食材の仕込みと配達、他には営業中のホール担当などでした。

が、このヤスオさん。
入社して働き始めた当初から、周りからの評判はそんなによくありませんでした。
仕事中にスマホを見る(お客さんがいるのに)。
「いらっしゃいませ」 「ありがとうございます」などがうまく言えない。
お客様の元に料理を運ぶとき、手がプルプル震えている・・・。
など、けっこうな問題を抱えている人でした。
でも、慢性的な人手不足ということもあり、クビにはせずそのまま雇っていた社長。
そしてある時期から、人が辞めて担当者がいなくなったこともあり、ヤスオさんに向いていると思われる食材の仕込みと配達の仕事を任せるようになりました。
これは食材を仕込んだ後、朝に各店舗を回って配達をしていくというもの。
自分も数週間に1回ぐらい配達に来たヤスオさんと顔を合わせることもありましたが、接客よりはこの作業の方がヤスオさんに合っていると思いました。
たまにパートさんたちから、「なんか食材の出来がいつもと違うね・・・」なんて声も聞こえてきたりもしましたが・・・。
しかし、それがトラブルが発展するようなこともなく日々は過ぎ、問題なく営業出来ていたのです。

そして先月下旬のある日曜日のこと。
店が開店する11時になっても、ヤスオさんが食材を届けに店に来ません。
いつもならこの時間までには確実に配達に来ているのに。
そのため、店にいた社員たちは社長に連絡したり、各店舗に問い合わせました。
「ヤスオさんってきょう出勤してます?」 「何時頃そっち出ました?」など。

 

確認した結果、最後に配達に来た店を出たのは10時20分ごろということが判明。
それから計算すると、「すでに店に来ていなければおかしい」ということが分かりました。
だからその後も社員たちはヤスオさんと必死に連絡を取ろうとしたのですが・・・。
結局それから3時間経っても、ヤスオさんが携帯に出ることはありませんでした。
その結果、14時の時点で食材が足りなくなり、料理が提供できないというとんでもない事態に。
特にこの日は日曜日。
もっとも稼ぎ時である日なのに、お客様に出せる料理が作れない・・・。
しかし無いものは無いのでどうしようもありません。
そのため、社員たちは来てくれたお客様に、「料理が出せない」ことを説明して帰ってもらったそうです。
これを聞いたときは血の気が引きました。
自分がこんなことをやらかしたら、もうどこかに逃亡したくなるでしょうね。
お客様はおろか、店にいたパートやバイト、社員さんたちに申し訳なさ過ぎて・・・。
で、肝心のヤスオさんは配達に来ず何をしていたのかというと・・・。

次回につづく

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました