財布を10年ぶりに買い換えました

スポンサーリンク

この前のこと。
店での支払いの際、財布を取り出すとひどくボロボロであることに気付きました。
二つ折りの財布なのですが、皮もところどころ剥げており、折れ目はへたれきって毛羽立っています。

 

 

きのうきょうボロくなったわけではないので、だいぶ前からこの状態だったのでしょうが、そういうのに無頓着な俺。
こんなボロボロの財布を使っていたのかと思うと急に恥ずかしくなったので、お金は惜しいです財布を買うことにしました。
パッと思いついたのがアリオかセルバだったので、どんな財布があるのか見に行くことに。

最初に見たのは、セルバの4Fにあるお店。
メンズ&レディスの商品を扱っているのですが、なんとなく俺みたいなおっさんには不釣り合いなお店。
財布もあったので見てみましたが9,000円~15,000円ぐらいしていたので諦めました(笑。

んで、次に見に行ったのはアリオ3Fにあった紳士服を扱っているお店。
長財布やら二つ折り財布が並んでおり、お値段は4~5,000円。
まぁ俺にとっては高めのお値段ですが、長く使うもの。
だからこれぐらいが妥当だと思い、しばらく手触りや内ポケットのカード収納枚数などをチェックしました。
そしてこれを買いました。

 

 

去年から犬好きになったこともあり、犬のマークが入っているHush Puppiesの財布にしました。
見た目が気にいったのもありますが、一番気に入ったのは手触り。
最初に触ったときにピン!ときて、頻繁に使うものだからこそ、そこを重要視しなければと思い買いました。
珍しく俺にしては真剣に考えて、いい買い物をしたと思います(笑。

というわけで新しい財布に切り替えました。
まぁよくよく考えれば、誰も俺の財布なんて見ていないですけどね(笑。
でもまぁこういうのが気持ちが大事というか。

最後に使い古した財布からカードやらを抜き取り、財布を眺めていると久々に感傷的な気持ちになりました。
この財布は秋田に住んでいたときに買った物で、10年ほど使い続けていたことになります。
しかも元カノとその子どもたちと遊びに行ったときに買ったもので・・・。
ここ数年、そんなことを思い出すこともありませんでしたが、いよいよ処分するとなると、そういう記憶も蘇り、どうしてもセンチな気持ちになります。
なんとも女々しいかもしれませんが・・・。
こんなとき以外はこういう気持ちになる機会も微塵も無いので、なにとぞお許し下さい(笑。

こうして新しい財布を手に入れた俺。
この財布も10年ぐらいは使いたいですね。
まぁ、そのころまで生きているか怪しいものですが(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました