彼はこれから革命を起こせるのだろうか

スポンサーリンク

先日。
不登校をしているYouTuberの「少年革命家ゆたぽん」が小学校を卒業をした後、中学校には行かないと
いう主張をして話題になっていました。

それに対し寄せられた世間の声は、俺が見た限りでは否定的なものが多かったです。
今回は「ゆたぽんが悪いのじゃなく親が悪い」という意見も、よく見られました。
まだ小学生でそこらへんの判断はつかないのだから、親がきちんと導いてあげないといけないといったようなものが。

とまぁ、それらの意見を見て俺が思うことは、結局のところ、これが正しいか間違っているかは彼が大人になってから分かるということ。
というのも、今は否定的な意見が大半でもこの後、彼が20歳ぐらいになるまでに、プロスポーツ選手になったり、東大に入学したり、難関の資格を取得できたら「こういう生き方をさせてよかった」となるのが世の中。
「無理に学校へ行かせていたらこうはならなかった」ということになるのだと思います。

ただねぇ・・・。
2年ぶりぐらいにゆたぽんを見ましたが、まったく成長している感がないのですよね。
パッと見ただけですが、なんだか単純に身体がデカくなっただけのような感じ。
中学校に行かない宣言をしているぐらいなので、チャンネル登録者数が100万人ぐらいを達しているのかと思いきや、13.4万人。
まぁ、俺のような人間からするととんでもない数字ではあるのですが、YouTube界隈でみたなら、そんなに凄いとも言えない気が。

それと上げられている動画もタイトルを見た限りでは、「う~ん」といった印象。
もっと不登校に関する高尚な理論でも展開しているのだと思いきや、適当に遊んでいるだけのような・・・。
結局、最初に話題になった動画がもっとも再生数があり、その後ドンドン下がっているのを見ると、この先はなかなかに厳しいような気がします。

とまぁ、そんなことを思ったわけですが、俺のような義務教育を受けても人生を失敗した男が言ったところで説得力がなさすぎますね(笑。
口だけは達者ですいません。

2年前に良くも悪くも鮮烈なデビューをした少年革命家ゆたぽん。
今後気になるのは、「少年」じゃなくなったとき。
少年だから許されているというアドバンテージを失った時、彼がどんな人間になっているのか、まずは3年後に注目です。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました