これを許してはいけないと思う

スポンサーリンク

3日ほど前に見つかったアミメニシキヘビ。
殺処分されるようなこともなく、見つかって本当に良かったと思います。
悪いのは飼い主で、ヘビに非はありませんので。

で、ですね。
見つかる前までは飼い主に対する批判が凄かったですが、見つかった途端に擁護するような意見がYahooニュースのコメント欄で見られました。
下記のリンク先でご確認ください。

アミメニシキヘビ飼い主男性の長かった17日間と取材対応でみせた「反省」「ヘビ愛」

まぁ誰かが怪我をしたり亡くなるような事態にはならなかったので、いくらかは飼い主を擁護する声が出るのは分かるのですが・・・。
俺はこの擁護コメントにもの凄い気持ち悪さを感じました。

《飼い主は確かにやらかしたよ
だけど逃げも隠れもせず、マスゴミの前に姿をさらし、追い出され、仕事を休み
そしてそれでも最後まで探し続けていた
十分に償ったと思う
俺は責める気にはならないね
とりあえず、ゆっくり寝てくれ》
上記リンク先から引用)

う~ん。
まぁ感じ方は人それぞれなのでしょうが、俺は非常に違和感を覚えました。
というのも、そもそも飼い主は「ペット不可」のアパートでヘビなどを飼っていたわけですよ。
根本的におもいっきりルールを破っているわけで、これは見過ごせない大問題だと思うのです。
それと、本来使わなければならない飼育ケージではなく別なケージを使っていた。
しかも飼っていたヘビの食性は動物食で、爬虫類、鳥類、哺乳類などを食べたり、大型個体ではマレーグマやヒトの捕食例もあるとのこと。
これらの事実を踏まえたら、今回のように見つかったにしても『とりあえず、ゆっくり寝てくれ』にはならないと思うのです。
一歩間違っていたら人が死んでいた可能性もあったわけですから。
迷惑をかけられた近隣住民などからしたら、半殺しにされても文句は言えないような案件ですよ、これ。

だから俺が思うのは、上記の擁護コメントを送る人はずいぶん甘いなぁということ。
これが例えば「ペット可」のアパートで、アミメニシキヘビを飼う許可を大家から受けており、その上で定められたケージを使って飼っていた上で逃げられたとかなら、俺も分かるのです。
こういうケースだったら、俺も上記の擁護コメントのような気持ちになると思います。
ただ、今回の件はそもそも最初からルールを大幅に破りまくっているわけで・・・。
だから飼い主のことを「最後まで探し続けていたから誠実」とか言っているのは大間違いかと。
ルールをおもいっきり破っているのですから。
不誠実の極みですよ。

ま、こういうことを書くと
「お前は本当に自分に甘く、他人に厳しいなw」
という思う方がたくさんいると思います。
俺も自分でそう思います(笑。

ただですねぇ・・・。
このヘビが見つかった後の妙に気持ち悪い擁護には、どうしても違和感を覚えてしまいました。
あ、なにも飼い主を「精神的に極限まで追い詰めろ」と言いたいわけではないですよ。
ただ、事の経緯を冷静に踏まえたなら、「ヘビ愛」とか言ってらんねえなと思います。
皆さまはどう感じるでしょうか。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました