「もう好きにしたらええがな」としか言えない

スポンサーリンク

眞子さま、26日にご結婚 会見は質疑応答なく文書回答に

この方々はつくづく対応が裏目裏目と言いますか・・・。
こんな土壇場で会見の質疑応答をやめますなんて言ったら、“また始まったよ・・・”と世間から非難されるのは分かりきっているのにこれを実行する。
いやはや、立ち回り方が圧倒的に下手すぎます。
やりたくないなら最初から「会見をやります」なんて言わないほうがよかったし、PTSDの所為にして渡米した方がマシ。
なんでこんな中途半端なことをやるのですかね。
これまでこういう所で世間の怒りを買っているのに。

そもそも質疑応答をしたところで、“自分たちに都合の悪い質問は受け付けないようにしている”ことは前もって分かっていたことで、皆さんそんなに期待していなかったと思うのですよ。
どうしたってやんわりとした茶番じみている会見になるというか。
しかし前日にそれすら拒否して自分たちが言いたいことだけを言って退席。
もうマジで会見をやる必要もないですね。
結婚してお二人でどこにでも好きな場所に行ったらいいんじゃないでしょうか。

それにしても・・・。
本来なら国民から祝ってもらえるような立場なのに、多くのバッシングを受けての結婚というのは幸せなのですかね。
まぁ本人達が良いというなら、それでもいいのでしょうが・・・。
“逃げ”から始まる結婚。
なんとも最後までモヤモヤさせられました。

*追記

先ほど会見を見ました。
「誤った情報に・・・」といった部分をを強調して、自分たちの言いたいことだけを言っていた印象です。
あれだけ言うなら質疑応答もして、ぜひその謝った情報を訂正してほしかったですね。
公の場で説明できるチャンスだったわけですから。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました