いつも後で「あれは余計だった」と気づく

スポンサーリンク

先日のこと。
近所においしいパン屋さんがあり、いつもは自分が食べる一人分を買っていたのですが、ある日のお昼に家族の分も一緒に買うことに。
ただ、そのお店の場合、そんなに大きくないこともあり、行ったときにどのパンが並んでいるのかは運次第。
パンが出来上がる時間が日によって数十分単位でズレて店に並んでいないこともありますし、作られていてもお客さんが立て続けに数個単位で買えばなくなってしまうという感じ。
そのため、商品が並ぶピークのお昼ごろに行っても、絶対にほしいパンが買えるという保証はありません。
行ってみないと分からないという、ある意味バクチなのです。

と、いうことで、家族に食べて欲しいパンがあった俺は、事前に予約注文しておくことにしました。
以前にもお願いしたことがあり、今回も以前と同様にワードに注文内容を打ち込んだものをプリントして、お店に行って渡すことに。
ワードに打ち込んだ後にパンの商品名、個数などを徹底確認。
その後にプリントして、店が忙しくないであろう14時ごろに持っていきました。
店に入り予約したい旨を伝え、プリントした紙を渡して「大丈夫です」と了承をいただき予約完了。
後は当日取りにいくだけとなりました。

とまぁ、そんな感じでここまで何の問題もなかったのですよ。
で、家に帰った後、なんとなくパソコンに残っていたパンの注文内容を確認。
さすがに徹底的に確認した後だったので、注文内容に間違いはありませんでした。

が、しかし。
ここで俺は気づいたのです。
それは注文内容の一番下に連絡先として名前と電話番号も書いておいたのですが、その名前をフルネームで書いていることに。
この瞬間、すげえ恥ずかしくなりました。
「いやいや・・・そこまでいらんやん」
と。

どういうことかと言いますと、まぁ冷静に考えてみれば、連絡先として書くにしても名字と電話番号さえあれば充分なわけで。
なのにきっちりフルネームを書いていた俺。
これ、手書きなら名字だけで留めていたと思います。
が、パソコンの場合、本名を入力するようなときは基本フルネームでの入力が多いと思うのです。
また手書きに比べて打ち込むのなんざ、パパッと出来てしまうじゃないですか。
そのため、注文用紙を作っていた時点では違和感に気づけず・・・。
ご丁寧にフルネームを書いてしまっていました。

ま、これだけだと「そんなことを気にすんなよ」と思う方もおられると思います。
でも、俺は昔からこういう「余計な事」をしでかすのですよ。
周りから見たら「どう考えてもそこまでやらなくていいよね」という部分までやってしまうという・・・。
そして後でその事実に気づき、赤面したり罪の意識に苛まれたりするのです。
この感覚、分かる方いますかね・・・・・・。

今回のことも、正直そこまで致命的なミスとはいえないのかもしれません。
店からしたら何とも思っていない可能性もあることは分かっています。
が、そのパン屋さんには若い女性店員の方とかもいるので、もしそういう方が俺の注文用紙に目を通したら
「うわ、あのおっさん、必要ねーのにフルネームで書いているわw」
とか笑われたりしていそうで怖くてなりません。
「なにフルネーム書いて電話番号乗せてアピールしてんだよ」
と。
被害妄想すぎたらすいません(笑。

というわけで、ちょっとしたことなのですが、相変わらずこういう無駄なことをやってしまう人間だと改めて自覚しました。
今後、またこういったことをすることをする時は、そこら辺をしっかりチェックしようと思います。
まぁそれでも抜けるから、こういうことをやらかしてきているのですが(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました