働いていたブラック会社のその後

クソ社長の珍プレイ・迷言

ブラック企業はブラックという自覚がない

先ほどのモーニングショーで知りましたが、昨日の記事で書いたハシモトホームが謝罪したようです。 きのうからワイドショーやネットで報道されて、当初考えていた以上に話がとんでもなく大きくなり、ようやく事の重大性に気づいたというパターンですね。 ...
クソ社長の珍プレイ・迷言

戯言をまともに受け止める必要はない

きょうはこちらのニュースを。 新年会で「症状」手渡す 男性社員の自殺「パワハラ原因」遺族が住宅建築会社提訴 青森地裁 その「症状」はコチラ。 今は上に立つ人間は、パワハラやモラハラにとことん気をつけているものだと思っていました。 ...
働いていたブラック会社のその後

バカは怖いもの知らずだもんなぁ・・・

知床観光船の遭難した事故で、ようやく社長が会見を開きました。 事故から数日たち、複数の知床遊覧船関係者からの話を聞いていると、次々に悪い評判しか出てこない社長。 こういうのを見ていると、普段からの立ち振る舞いって大事だなぁと。 良...
働いていたブラック会社のその後

ブラック企業でも外面は良かったりするのです・・・

「ブラック企業」投稿も…知床観光船「大惨事を招いたズサン経営」 連日、報道を聞いていると知床遊覧船がブラック企業であることが分かってきました。 大量離職なんてものがあったようで、ブラック会社経験者の俺はそれがどういうものかよく分かり...
働いていたブラック会社のその後

クソ社長こそが間違いなくワースト1だと確信できました

今回で一連のクソ社長に関する記事は、ひとまず終わりになります。 そして最後に言いたいことというか、分かったことは・・・。 「クソ社長こそが俺の人生で出会った中で、もっとも最悪な人物」 ということでした。 それというのも、とりあえ...
働いていたブラック会社のその後

問題を先送りにした人間の末路

今回、再びクソ社長のことについて過去を振り返りながら一通り書いてきました。 そして現在。 自分と同じ時期に働いていた30代~40代の同僚は全員退職。 会社に残っているのは最古参のお局様と数名のパートだけになった模様。 これはクソ社長...
働いていたブラック会社のその後

社員たちから完全に見捨てられたクソ社長

前回のつづきです。   同僚が次々と去って行っても、劣悪な環境のブラック会社で働き続けていた職人。 自分は、「本当に凄い」と思うと共に、「このまま会社が潰れるまで働き続けるのだろうか・・・」なんてことを思っていたのですが・・・。 昨...
働いていたブラック会社のその後

離職のループが止まらない

前回のつづきです。  「メカニック」 「SE] 「職人」のうちの「SE」が退職。 こうして男性社員は俺を含めて3人になったのですが・・・。 その後は専門分野を担当していた人間が去ってしまったことにより、各社員の仕事の負担も増加しそ...
働いていたブラック会社のその後

社員たちを使い捨て商品のように扱っていたクソ社長

前回のつづきです。 これまで前職のブラック会社でパートさんたちが辞める流れを書きました。 次は自分を含めた社員たちはどうだったのかについて、改めて触れさせていただこうと思います。 まず当時ですが、男性社員、 「メカニック」 ...
働いていたブラック会社のその後

そして誰も応募しなくなった

前回のつづきです。 こんな感じで求人すれば人は集まるものの、誰も落ち着くことなく次から次へと辞めていく状況だった前ブラック会社。 その後もパート・バイトを募集するたびに3~5人ほどの応募がありそれを雇っていたものの、この流れは変わり...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました