暑さでドライブレコーダーが壊れた?

スポンサーリンク

この夏の猛暑で思い出したことがあります。
それは父から譲り受けた車のドライブレコーダーのこと。

 

 

去年の夏。
バイト先に向かうために車を走らせていると、ふとドライブレコーダーが録画していないことに気付きました。
「あれ?家を出たときの画像のままで止まっている」
このままでは万が一事故ったときに困ることになるし、こういうときほどそういうことが起こりやすくなるのが世の常。
「ドライブレコーダーを付けている意味がなかった・・・」と凹むパターンというか。
そのため、この後再び動くようにボタンを押したり、いろいろとイジってみました。

が・・・。
まったくウンともスンともいわないドライブレコーダー。
電源のON OFFは出来るものの、それ以外のことが出来ません。
録画はまったく出来ない状態。

で、こうなると困るのが、父から引き継いだ車であるため、このドライブレコーダーのことが全く分からないということ。
自分で買ったものなら説明書を見たりすればいいのですが、父のものとなるとそれが一筋縄ではいきません。
几帳面な父のことですから、家のどこかに説明書はしまってあるでしょうが、それを探すというのはかなり面倒で・・・。
しかし、先に述べたようにこの状態で事故に遭ったりしたらアホ過ぎます。
だからネットで調べてみました。

その結果。
ドライブレコーダーのことに関するあるサイトをみたのですが・・・。
なんでもドライブレコーダーは「暑さ」に弱いんだそうで、それで故障するケースがあるとのこと。
これを見た時、俺は納得しました。
実際に父から車を譲り受けた2年前の夏。
とんでもない暑さが続く日々だったからです。
色々とイジって見てもウンともスンともいわないこともあり、このとき「暑さにより故障した」と判断しました。
なので次は新しいドライブレコーダーに付け替えなければならないのですが、それには先立つものが必要なわけで。
予想外の故障ということもあり、すぐには車屋に持ち込めない状態でした。
そのためしばらくどうするか考えました。
例えばネットでドライブレコーダーを取り寄せて車屋で付けてもらう、もしくはイエローハットなどで買って取り付けてもらう等。
お金の都合が付いたら早めにこれらのことをやることにして、それから数日、車を走らせていました。

するとある日。
ふと車に乗り込んだ際、何気なくドライブレコーダーを操作してみると、メンテナンス画面に入ることが出来ました。
前は電源のON OFFしか出来なかったのが・・・。
で、これは後に気付いたのですが、どうやら電源を入れてから10秒ほど経過する前ならボタン操作が効くようです。
前はそれに気付かず、10秒ほど過ぎてからボタン操作をしても画面が固まったままで一切動かなかったので、「故障した」と判断してしまいました。
ちなみにドライブレコーダーのメーカーはガーミン(GARMIN) です。
同じような症状で困っている方は、電源を入れてすぐ画面下のボタン(スパナのマーク)を押せばメンテナンス画面に入れるかもしれないので試してみて下さい。
機種によって異なるので、正確な操作を知りたい方は公式ページなどでご確認ください)

んで、なんで正常に動かなくなっていたかってことなんですが・・・。
どうやらこのときは車を運転する機会が減っていて、充電がしっかり出来なくなっていたようです。
ある程度の距離を走りきちんと充電されたら、再び録画されるようになりました。
このときはホッとしましたね。
3~4万円の出費を覚悟していただけに(笑。
また車屋とかに行くのも非常に面倒に感じていたので、とにかくラッキーでした。

と、そんなことがあったため、この夏の猛烈な暑さを感じてこのことを思い出しました。
実際に暑さでドライブレコーダーが壊れるケースもあるとは思いますが、こんな感じでネットの情報を鵜呑みにして素人が安易に判断するのは危険ですね。
例えば俺のようなケースでいうなら、壊れていないのに先走ってネットで新たなドライブレコーダーを買ってしまうとか・・・。
検索で1ページ目に出るようなサイトでも、今後はしっかり誰が書いているのか確認します。

それにしても・・・。
本当にドライブレコーダーが暑さに弱かった場合。
これから毎年、夏が来る度に古いドライブレコーダーはパンパン壊れていってしまうんでしょうかね。
毎年夏の度に買い換えるのは容易なことではないですから、各メーカーさんには耐久力を上げてくれることを願います。
車内温度はとんでもないものがあるので。
気軽に買い換えられない俺のような人間のためにも。

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました