子供の行動は予測できない

スポンサーリンク

きのうのこと。
スーパに車で向かう途中、歩道で親子連れの姿を発見。
距離的には70~80m先。
子供1人ならこの距離でも要警戒ですが、母親が隣にいることもあり、そこまで警戒する状況でもありません。
が、子供は意味不明にフラッと道路側に寄ってきたりすることもあるので、念のため注意して見ていると・・・。
4歳ぐらいの子供が道路を渡り始めました。

それを見た俺。
「あ、この親子は向こう側に渡るんだな」と思い減速したのですが、そのまま見ていると道路を歩いているのは子供だけ。
「あれ?」と思っていると、母親がハッと気づき、子供を呼び戻して頭を叩いて注意していました。
どうやら渡る予定だったのではなく、子供が勝手に道路に飛び出した模様。
こういうのを見ると、やはりこういうときは親が隣にいても警戒しなきゃいけないと思いました。
本人の頭の中で何らかの妄想とかをしていれば、こういう風にバッと飛び出してくるのも不思議なことじゃないと。
このときも「ボールを追いかけて」とかじゃないだけに、「マジで恐ろしいもんだな・・・」と思いましたし、親御さんはいつ何時も気を抜けないもんなんだと感じました。

 

 

ま、幸いにもこのときはまだまだ距離があり、俺もだいぶ手前で20キロぐらいまで減速をしたので迷惑をかけられたということもありません。
だからまぁ「大事にならなくて良かった」と思いながら車を進めると、母親はこちらがスピードを緩めていたことを気付いていたようで、横を通り過ぎる際に頭を下げてくれました。
「迷惑をかけてごめんなさい」的な感じで。
それを見て俺も会釈を返しました。
こういう場合、「そっちが気をつけるのが当然」とか「子供がやったことだから」などと言わんばかりの態度を取る親も見たこともあるから、こういう風に素直に頭を下げる母親の姿に感心しました。
俺よりも一回り以上若いお母さんでしたが、しっかりしているなと。
まだまだ世の中も捨てたもんじゃないし、こういうときにしっかり注意する親がいることに安心しました。
というか、本当に車が直前まで近づいていたときに今回のような感じでフラッと飛び出された場合、減速していなければ大怪我ですからね。
非常に小さい体ゆえ、当たり所が悪ければ死ぬ可能性もかなりありますし。
そういうことを踏まえれば、こういうことをやったら子供を守るためにも、頭を叩くレベルで厳しくしつけるのは必要な気がしました。
昨今は「体罰はダメ」という風潮があり、それには概ね同意しますが、こういうことがあった時にしっかり教え込んでおかないと、いつ「今生の別れ」になってもおかしくないですからね・・・。
と、いうことで、本当に子供は予測不能な行動を取るので、歩道で見かけたら気をつけなければいけないと思いました。
仮に子供が急に飛び出してきたとしても、はねたらこっちの責任も問われる現在の法律。
皆さまもくれぐれもお気を付け下さい。
俺も忘れずに気をつけていきます。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました