行こうと思ったときには「時すでに遅し」のようで・・・

スポンサーリンク

先日。
夕方のニュースで今年も「おおがわら桜まつり」が中止になったことを知りました。
公式サイトはこちら↓
令和3年「おおがわら桜まつり」は中止となりました。
現在のコロナの状況を考えれば、やむを得ない判断ですね。
25万人ぐらい来るイベントですので。

去年。
母がこれまでに大河原の桜を見たことがないと知り、「じゃあ一度行ってみようか」という話になったのですが、コロナの影響で桜祭りが中止。
このころはコロナに対して世間も相当警戒していたこともあり、我が家もそれに漏れず「今年はやめておこうか」となり、今年に期待していました。
しかし残念ながら今年も中止。
ニートで時間を持て余していたときはいくらでも母を連れて行くチャンスがあったのに、こうやっていざ連れて行こうとなると2年連続で中止になる間の悪さ。
つくづく持っていない男だと思います。

まぁコロナの影響は俺だけに限った話ではなく、世間全体に及んでいます。
去年から今年にかけて仕事を失ったり、店が潰れたりして人生が激変した方も多々いるでしょう。
未だにコロナの収束が見えないから、これからもっと増えるかもしれません。
そんなことを思うと、桜まつりに行けないことなんて小さいことだとは思うのですが・・・。
母が高齢であることを考えると、その貴重なチャンスが失われているようで切なくなります。
だから来年こそ、コロナが落ち着いて桜祭りが開催されるようなら、母や弟と一緒に大河原の桜を見にいこうと思います。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました