2018-11-12

スポンサーリンク
父が末期がんになった話

半年の余命宣告を受けたのに、5ヶ月経っても父は元気だった

昨年12月に「余命半年」の宣告を受けてから5ヶ月。 父はこちらの予想に反して元気でした。 余命半年と聞かされた自分は、当初このように考えていました。 「おそらく4月あたりには相当弱って介助が必要になるだろう」と。 ...
父が末期がんになった話

父の覚悟

父から余命を告げられたその後、淡々と月日が過ぎていったわけですが・・・。 それらのことを書く前に、一つ父の対応で家族が救われたことを書きたいと思います。 それは父が、余命が残り半年となった最初の時点で、 「もうこうなった以上は過去を振...
父が末期がんになった話

家族じゃないとこの辛さは分からない

父が末期ガンになったシリーズの続きです。 父から余命半年であることを聞かされた途端、小さいころからの父と過ごした記憶がよみがえり、涙がこぼれた自分。 このとき、ある真実に気付かされました。 それは、 「この悲しさは、父と一緒に過...
父が末期がんになった話

父から余命を告げられる

手術で開腹したものの、すでに「手の施しようがない」と医者に判断された父。 お腹を閉じられて目を覚ました後、お医者さんからガンのステージⅣ(末期ガン)で、「余命半年」と告げられたそうです。 最初に母からこの話を聞いたときは、「え?いまはそ...
父が末期がんになった話

検査入院からすぐに手術をしてみたら・・・

*別なブログに書いた2018年9月の記事を引っ越しました。 昨年の11月、父が検査入院をしました。 その後にすぐ決まったのは10時間以上の手術。 「ガン」を取り除く手術とのことでした。 単なる検査のための入院だと思っていたの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました