運転免許は本当に取っておいてよかったと思う

スポンサーリンク

40半ばの近頃。
よく実感することが1つ。
それは「運転免許を取っておいて本当によかった」ということ。

若い頃はこんなに便利なものだとは思っていませんでした。
非常に多くの人間が持っているもので、たかが免許だと。

しかし、今となっては父や母が
「とりあえず何をするにしろ、まず免許だけは取っておけ」
と言ってきた意味がよく分かるようになりました。
父や母はとっくの昔にその有効性に気付いて、間違いがないから伝えてきたんだと。

とにかく自分の意志で思いついたときに、パッと移動できるのは非常に便利です。
その気になりゃあ、早朝だろうが深夜だろうがどこへでも行けるのですから。
車があったおかげで、数年前に蔵王のキツネ村とか大河原の一目千本桜とかを見に行けたことを思うと、
免許がなかったら俺の人生は、もっとクソつまらん灰色のようなものになっていたことは間違いありません(笑。
家に引きこもってずっとゲームとか・・・まぁその程度が関の山でしょうね。

それとこの2~3年は、法事などで足腰の弱った親戚の送り迎え。
あと、母や弟の病院への送迎に非常に助かっています。
これがどれも電車やバスなんかでやることを考えたら・・・。
タクシーという選択肢もありますが、片道2,500円コース。
病院の度に5,000円とか払えるかといったら、俺のような人間には厳しいわけで。
若い頃には気付きませんでしたが、つくづく自力で人を運べる手段をもっているというのは、大きいメリットだと感じるようになりました。

と、いうわけで、無能の俺ですが、とにかく運転免許だけはとっておいてよかったと心底思っています。
というか、免許がなかったら、俺は前にやっていた飲食のバイトも出来ませんでした。
なんたって往復30キロの距離でしたから。
車があったおかげで、距離の問題などがクリア出来ることを考えると、一度途中で教習所をバックレたにも関わらず(滝汗、惜しみなくお金を出して免許を取らしてくれた両親には感謝です。
それとメンタルが弱くて精神的に何かと辛かった教習所時代ですが、あのとき何とか踏ん張って逃げ出さずにやったことは、俺の中の数少ないやりとげたことの1つで、その恩恵を受ける事が出来ている今にも感謝です。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました